FC2ブログ

妻の職場で妻の働きぶりを見るという事がここまで萌える事だとは・・・ その1

ツイッターでは呟いていたんですが

最近また妻の職場を覗きに行く機会が有りまして

まあ何度行っても、ドキドキするし愉しませて貰っています。

うちの妻
仕事が出来るかどうかはは置いていて、
あらゆる職場で
つまりパート入社でも派遣社員としてでも関わった職場には
今のところ100パーセント正社員登用のオファーを受けています。
それを受けるかどうかは、また別の話ですが
妻もオファーされる事を1つの指標として仕事しているそうです。

今の職場も私の扶養枠を外れないようにパートなんですが
俺が覗きに行くと
職場の新人やバイトさん達に結構教えていまして
まぁ人当たり良いし、面倒見もかなり良いので
教わる側も聞きやすいのかな・・・くらいに思っていたのに

何度も覗きに行ったり、妻の話を聞いていると
最近ちょっと「狙われ始めてる」気がします。



おまけに


自分の会社では全く考えられないんですが
妻はパート枠なのに、パート枠なのにですよ。
何故か接待要員で飲み会(接待飲み)のオファー受けていました。

妻は即断わったそうですが、飲み会の場所を聞いて
銀座○ックスという新しい商業施設の上階で行われると聞いて揺らいだそうです。
理由は美味しい物を食べたいから
「次は行ってもイイ?」と聞かれました。

俺は心の中で
行っても良いけど、俺も行って様子を見たい。
でも高級店過ぎて嫁の心配よりも財布の心配しちゃうかも・・・とジレンマを抱いております。


いっそのこと、妻と同じ職場で働くってのはどうだろう・・・


続きます。

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

やきもちやきの社内恋愛 つづきの続き

当日を迎えました。

昼間女子に交じって探り入れてみました。
「結構みんな飲むんじゃないですかぁ?」

「そうなんですよ、結構みんな強いからー」


付き合ってること他の女子達に既にバレてたら、超茶番劇だわ。
ていうか、何も探れてなーいw

しかし、この時の女のちら見が可愛いかったっけ。


こうして、夜になって彼女はみんなで飲みに行きました。


(こっちから連絡してあげるから、待ってなよ)


こちらは

(おう)

とだけ返信しました。



俺も退社して家で時計を気にしー、携帯を気にしーで待っていました。

まぁ長いね。

時間過ぎるの。

もう携帯気になり過ぎて捨てたくなったから、一回部屋着のままフード被って外走りに行ったもん。

そんでもまだ思い出すから、焼酎一気飲み。

そしたら、やっとですよ、やっと女からメッセ届いたんだけど

内容が、



(解散したらお持ち帰りするからって言われた。)



膝カックンと同時に顎ハズれたみたいな。

ちょっと待て!この仕打ちは無いだろう。

しかも、言われたから、ってお前の返事は?意思は?お持ち帰りされるのか?お持ち帰りされたいのか?

部屋の中でもんどり打った。


正直こんな絵文字無しの短文でここまでダメージ受けるもんなのかと


もう我慢出来ない。

そして我慢しなくて良いだろうとジャッジしたんで携帯を鳴らしたんだ。

しかし連絡とれない。

電話不通、つまり直留守。

もう、これもキレて良しとジャッジしたその時、鏡に映った自分が酷い顔つきしてた。

逆に今頃楽しそうに騒いでる女の顔が浮かぶ。


・・・


めっちゃめっちゃ勃起してたwww

息子さんは仕方ない。

「お持ち帰りされたのかーーー!!!」

と放出した・・・がまだ怒りも収まらない。





半ば悶えながらも出掛ける準備をして、彼女の最寄り駅までは行こうと思った。

くそ、こんなんだったら昼間、飲む場所と店くらい確認しときゃ良かった。

くそ、家も素直に一回くらいお呼ばれしときゃ良かった。

後悔ばっかり

すると

ピーーンポーーーーーン。

めっちゃびっくりしたけど、元々訪ねてくる知り合いなんて皆無。

そう実は女以外は有り得ない。


ドアを開けるとそこには顔をピンク色にした女が立っていた。





引っ張り込んでめちゃめちゃ激しいヤツを玄関先で繰り広げた。
廊下に色々な女の音声漏れてたと思う。



絶対電話して来ると思ったから、電源オフにしていたとの事。
お持ち帰り予告は本当にされていたみたいだが、
「彼氏と会うんでーーー」と逃げたみたい。


それ聞いて少しほっこりした。


↑今ここ
今回も読んでくれてあんがとさん。
良ければまた書きます。


むつきつとむ
このお姉さんはフィクションです




テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

やきもちやきの社内恋愛 つづき

結局、聞きたくもない告白をされてから
その時課長と何回やったのか、どんなことされたのか、イッタのか・・・とかとか気になるじゃん。
いや、気になるようになるんだわ。
そしたら、その後はちょいちょい誘われてたけどやってはないみたい。
その時少しだけ口ではさせられたって言ってた。
気持ち良かったか?とは聞けていない。


課長に聞くって手も有るけどね。
まだそのチャンスは無さそうだ。
しかし男同士なら変な武勇伝として聞きだせるかもな。


それより、現実世界はまた巡ってきて
課長に会う度、課長と女が話すの見てる度、抱かれた姿を想像してしまうようになってしまった。
そうなるともう会社で放出するしか無い事もある訳ですよ。
いやしかし課長っていうのは寝耳に水だったわ。

そんな折ですね
女から部署飲みがある旨の報告を受けたんだけど
既に俺のやきもちやきという特性も弄られてまして

「もちろん○○課長も居るよ?」みたいな報告。

「あなたは参加できないね?」みたいな挑発。

こんな挑発は付き合う前からですけどね。
あ、言ってなかったけど女と俺は部署が違うんですよ。

「飲み会中連絡してきちゃ駄目だよ」

これは連絡して来いって捉えて構わないのか?

女の部署飲みの前に、俺自身の客とのマンツーマン飲みが有りまして
結構な時間まで飲んじゃったんです。

携帯確認したのは深夜。

(まだ飲んでるの?)

(連絡ないとあたしもしないぞ)

って女からメッセされてました。

ベロッベロに酔っぱらっていた俺でしたが
勢いで電話鳴らしてました。

明らかに寝てた電話口の女に構う事なく

「もう言う!付き合ってますって、みーんなに言うぞ!」

「ばっかじゃん」

女、すげ~笑ってた。
どっちかって言うと嬉しそうな、ばっかじゃんだった。


俺の気持ちのアップダウンが若干激しくなって来たというか
なかなか2人の時間も取れなくて、少しかまってちゃん状態になってたのかな。
女がスカートを穿いて出社する頻度とかもチェックしだしてしまった。
そんなある日

(視野に入らないとこに居ると気になってるわ~、疲れた~)

とか、しょーもないかまってちゃんメッセ送っちゃったんだけど

(疲れた?別れる?)

っていうばっさりな返信
いくら面倒くさくたって、そりゃないだろ?このかまってちゃんに!と激オコしました。
仕事も早々に切り上げて、女を待ち伏せっすよ!

オコだったのにね、そう激オコだったのにですよ。

俺に気付いた女の笑顔見た途端、怒りが吹き飛ぶ笑顔でした。

「やっぱ居ると思った」って言いやがった。

「別れられるわけないじゃーん」とも言いやがった。

人目を憚らず、街中で抱き合いました。
もう、超好きだわ、大して美人じゃねーのに。

それで吹っ切れた。

毎日先に仕事片付けて、スタバのベンティサイズを一つ買って、待ち伏せ。

公園に立ち寄ってベタベタしながら

今日有った事を報告し合って

妬いたり、讃えたり、褒め合って、1日を締める

これはこれで気持ちを安定させてくれてて

「うちくる?」

ってついにホームにも招かれた。
着替えないし、また今度でいいやって建前半分
毎日オナってるけど毎日エッチしてたら身が持たないし、ってのが半分。

あ、おかず用に必ず乳鷲掴みタイムは設けて
ええ乳してるんで、わっしわっしと時間掛けて揉んでます。

しかし部署飲みの日は迫ってきて

俺も余り気にして無い風に「明日だっけ?」さりげなく再確認。

「連絡駄目だよ表示出ちゃうから、待ち伏せしてもここ通らないからね」

結構な釘の刺されようで、当日を迎えることになります。




今ここ

今回も読んで頂きあんがとさん。

三上きゃのん
彼女の雌顔

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

やきもちやきの社内恋愛

ども

ついこの間から社内恋愛してる者です。

社内でマスコット的な存在の女と内緒で付き合い始めまして、

それによって自分の中や周りの世界が変わったような気がするから

勝手に綴らせてもらうよ。

まずなんで内緒かっつーと、

俺はまだ転勤してきたばかりなんだけど

早速本社の女に手出した!みたいな感じで叩かれそうじゃない?

本社の上司らに気に入られたいっていう虚栄心からコソコソする事にしました。

ま、至極普通の理由ですまんね。

女の事は第一印象から性的な目で見てました。

何カ月か爽やかに口説いてようやく部屋に連れ込んで、なし崩し的に男女の既成事実作ったった。

俺、社内恋愛は初めてなんだけど

意外と器用に出来ないもんでね、

会社で会ってもぎこちなくなって

女にも「最初より他人行儀なのがウケる。」って笑われた。

その点あれだね女は演技派だし、しっかりしてるわ。

その女の事をお気に入り公言してるアホな上司も居て、傍目に優越感みたいなの少し味わうことも出来る。

付き合って何週間かで大人数での飲み会が有ってさ

隣りに居た女子社員と俺が馴れ馴れしく話していたのを女は気に入らなかったらしいんだ。

すると今度は逆にこっちが見せつけられ始めた訳ですよ。

もう若干混乱、ずっと顔が引き攣ってたと思う。

呼ばれた先々で酒注いで接近というか密着してるし、

俺は気になりつつも席を立たずにそのまま隣りと盛り上がってたら。

見せつけ行為が軽くエスカレートして

年配の人に肩を揉ませたり、逆にハグしたり、みんなテンション高い場とはいえ

俺の嫉妬もどんどんエスカレートした訳ですよ。

どんだけだよと思って、

ラスト店内から出てきたとこ狙って、

俺の顔見て「何睨んでんの〜怖〜」とか言う女を

エレベーター乗る前にとっ捕まえて

手引っ張ってって、

壁の前でお仕置きですよ。

「何触らせてんだよ」って言ってぶっちゅーーーって。

がっぱぁって乳も揉みまくり。

途中から女も舌ねっとり絡めてきたから

これから駅前でバラけて集合すんぞって約束だけして、下へ降りました。

俺は階段、女はエレベーターで

先に着いた俺は上司らに適当な理由付けて抜けまして、
合流地点へ女が来るか若干不安だったけど、来たのでほっとした。
ちと遠い家に帰るのかったるくて、タク拾ってラブホ直行でした。


部屋の入り口で一発。
お風呂場でおかわりの一発。

ようやくベッドに辿り着いた時、俺は既にお腹いっぱいでしたw

入り口でハメハメしてる時、女の携帯ブーブー言ってたから
「そういやさっきすげぇ鳴ってたけど、あれ会社の携帯?」て聞いたら
女も思い出したみたいで傍で確認し始めたんだけど

ふっと横目で見たら、送り主の名前がズバーンと目に入ってしまった。

なんと

課長の姓名。

こうなると何気なく横から覗く訳にはいかず、がっつり見せてもらうことにした。
女も「えー」とは言ってたけど、まぁいいじゃんいいじゃんって感じで押し切った。

(今どこなの?)

(タクシーで迎えに行く、どこにいるの〜?)

(心配だな〜連絡ちょうだい)

絵文字満載でキモい。
人のオンオフを見てしまったようでむず痒い思いだったわ。
オンの課長は抑圧されてて、板挾みお疲れ様ですみたいな感じだったのに
その反動のオフがこれかいっ!

着信履歴も課長で総ナメ

「何これ?」

女は悪戯顔で笑ってるだけ

そういえば、ついさっきの飲み会で課長に抱きついたのも気に入らなかったんだ。

「そういえばさっきも、そんでこれ?」

「え~~」

女の脇腹をつんつんする

「おかしいよな色々とモテ過ぎて」

脇腹をくすぐる

「わかったよ、言う、言いますから」

「絶対怒らないで・・・あなたが来る前の話だからね、あなたが来る前、一回○○さんと寝ちゃった」

○○さんは課長の名前。
唐突過ぎて一瞬何を言われたのか、分からなかった。

女は淀みなく言い切った。

自分の中で言葉を反芻してるうちに、ズッキューンって胸に風穴が空いている事に気付いた。


めちゃ混乱して、すぐ怒りが込み上げて、帰ろうかと思った。
遊び通り越して好きになり掛けていただけに、悔しくて落ち込んだ。
悶える俺の事を見つめる女と目が合って、決めました。
最後にもう一発、めちゃくちゃにしてやろうと!

「ふざけろよ、既婚者だぞ」

「ごめんなさい!飲まされて」

その日結局のところ朝までに5回もした。
腹立たしいけど捨てるのはいつでも出来るかって思い込んで
朝フェラで起こされた時はこいつと結婚しようと割と本気で思ってました。




とりあえず今日はここまで読んでくれてあんがとさん。
こんなんでも読んでくれる人居たらまた続き書きます。


 shanairenai
オフィスで内緒のエッチなお仕置き~本当にあった濡れる話~

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

西野エリカ まつぢめセール中

まつぢめの生保レディがセール中です。
おすすめなので是非どうぞ
ちょっとケバいくらいの色香とフェロモンです。
ぬけます。
フェラもパワハラの喘ぎ方もムンムンですよ。

image_20130823110200f36.jpg
まつぢめの生保レディ 西野エリカ


スリーサイズが全く同じだとしても、フェロモン溢れる人と、そうでも無い人と居ますよね。
西野エリカは間違いなく前者、そして貞操観念も緩そうなイメージです。
だから、男は惑わされて誘ってしまうのでしょう。
私も身近に西野エリカが居たら、間違いなく、落とし穴に落とされている1人だと思いますw


image_20130823110140f03.jpg
初夏の日に隣家に越して来た巨乳奥さんが汗だくな一日 西野エリカ




 

テーマ : 人妻・熟女
ジャンル : アダルト

セクハラに堕ちた妻 その2 完結

大阪展示会
1本目のテープだ


開始〜15分あたりまでは、明るい昼間の会場内を案内して貰っている。
ディスプレイなど参考用なのか
色々な小物まで撮っている。
時折、担当者に明るく質問したり話を聞く果帆も映っていた。
グレーのスーツで下はスカートだ、スカートは膝上丈だが
タイト目に見えるし、足首のラインにかけてエロい。
森の狙いか?と詮索してしまうほど
後姿が結構撮られていて、時折笑顔で振り返る。
楽しんで仕事をしている様だ。


場面は急に変わり、
間接照明だけの、暗いビジネスホテルの一室になる。
カメラは恐らくテレビ台の上だろうか、
ゴソゴソとカメラ位置が調整され、カメラ手前から人が離れて行く。
森だ、森はベッドに
横たえ仰向けになっている果帆を眺めながら、カメラ位置を調整している。

果帆はビクともしない、森は果帆の隣に座り、服の上から胸を揉み出した。
やがて、森はスーツを脱ぎ出しトランクス一つになった。

果帆のジャケットを脱がし、上着のボタンを外し始めた。
果帆は相変わらずビクともしない。

おかしい、、、ここまで酔っ払う果帆は見たことが無いからだ。
シャツを脱がされて上半身ブラだけになった。
水色のブラだ、そこで今度はスカートを脱がしにかかる。
腰の後ろに手を回し、ファスナーを下ろし、スカートが脱がされ
ストッキングも脱がされた。

下着だけにされた果帆は相変わらず微動だにしないが
それを眺めながら、森はタバコを吸い始め、携帯で写真を撮りだす
大きめなシャッター音が鳴るが全く反応なし、
これは、、、果帆はアルコールだけの眠りでは無いと確信した。

タバコを消した森は果帆と平行に横たわり
果帆の胸を揉みながら、キスをし始めた。

かなり長い時間その姿勢でキスしていた。

少しだけ「くちゅくちゅ」という粘膜音が聞こえてくる。

ここまでで30分くらい経過して
裸にされた果帆。
森はまた写真を撮り始めた。
今度は作為的に色々な体勢にされている。
仰向け、横向き、うつ伏せ、開脚。
メールに添付してきた写真はこの時の一枚のようだ。

やがて、
森は自分のモノをトランクスから取り出し
果帆の腰からお腹にかけて擦り付けている。

その後、やはり顔に持って行き
果帆の顔を横に向け、口を開けさせ、口の中にイチモツを突っ込むと69の体勢でピストンを始め

「おーーおーーー」っと呻きながらしばらく口内を楽しんでいた。
時折果帆が咳き込むようになるが、相変わらず目は覚まさない。

そのまま、果帆の両脚を広げ

「ずびゅずびび、、」凄い音を出してクンニしていた。

やがて正常位で挿入を果たし

「あーーー◯◯ーー◯◯ーーー!」と果帆の苗字で歓喜の声を挙げていた。
果帆がまるでダッチワイフの様に意思を失っている為か、
俺は全く興奮することは無く
寧ろ怒りの拳で床を叩いていた。

森は
「いいよぉーーいいよぉーー」と只管腰を打ち付けるだけで
俺はその度に、殺意を感じ壁や床を叩いてしまった。

果帆のお腹の上に放出し
隣でしばらく大の字で息を整えていたりしていたが
ティッシュで腹の精液を拭き取ると
また横になって長い時間放心していたところで
一本目の大阪展示会テープは終了。



・・・これは単なる卑劣なレイプだ。
と怒りは治まらなかった
しかも明らかに薬物、おそらくハル◯オンの類を飲ませたことを
森は隠していた。



しかし2本目のテープは急展開だった。



テープ2本目:品川

今度は明るい部屋だ、恐らくは昼間のシティホテル
窓も広く、高層階だと分かる。
カメラアングルはキャビネット上の荷物に紛れて撮っているのか
若干斜めに傾いている。
果帆に分からないようにしているのだろう。
ダブルベッドと窓際に椅子とテーブルが置かれているアングルで
椅子には森が座ってタバコを吸っている。
果帆は映っていない。

2分くらい経ったところで、森が痺れを切らし怒気を含んだ声で
「果帆!早く来い」
と呼び捨てにしている。
すると、髪をアップにし、胸にバスタオルを巻いた果帆が画面に入ってきた。

「そこに座れ」と指示する森
果帆をもう一つの椅子へ座らせると
森はタバコを消し、果帆の椅子の側に立ち
果帆の顔を斜め後ろ上に向け、ベロを出してキスし始めた。
果帆も大きく口を開け受け入れている。

!?なんで??・・・前日の夜からこの昼まで映像が無いのがもどかしい。

しっかり舌同士を絡ませているのが確認出来た。
森はそのまま右手で果帆の髪留めを取り
髪をくしゃくしゃとかき乱し始めた。
俺がやると
怒る行為なのに、今の果帆は完全に受け入れている。

森の左手はそのまま、バスタオル上から胸を掬い上げるように揉み続け
果帆は「んーーんーーー」と喘ぎ始めた。
スルリとバスタオルが落ち
俺はここで一回目の射精をしてしまうが精液すら拭かずにそのまま画面を見入る。

明らかに森はカメラアングルを意識して果帆の奥から攻め続けた。
耳に舌を入れながら、果帆の胸とクリトリスを同時に攻め
(ああ、これは果帆の苦手なやつだ、イカされてしまう)と思った。

案の定「あーーーーーだめーーーー」と2〜3分で逝かされてしまった。
果帆が息を整えていると、森は裸になり
同じ位置関係のまま、ペニスを口元に差し出した。

果帆の口元が「おっきぃ」と言ってる様に見えた、
左手で棒を持ち
舌を出して一気に頬張った。
頭は動かさないがくちゅくちゅ音を立ててしゃぶっていると

森「昨日は下手くそだったのに、今日はうまいじゃないか」

果「え昨日もしたんですか?さっきのじゃなくて?」

森「昨日は歯を立てられた」

果「えーごめんなさーい」

と言って笑顔も見せた。

!?何?さっき?というか何でこんな楽しそうなの?
空白の時間に何が有った??時間経過以上にギャップを感じる。

という混乱勃起で
2回目の暴発射精をしてしまった。


5分程、
「じゅぼっじゅぼっ・・・」と
果帆は激しく頭を振ってフェラチオし続けた。
両手を森の太もも裏に回していた事に、何故か嫉妬した。

森が「そろそろ」と言うまで続けていた。

そのまま、椅子の上で開脚させられ、森は半腰になり一気に挿入した。

果帆は森を見つめながら
果「中には出さないでね、、、あああ」

森は無言というか、無視。

果「やばい、、、森さん、、あん」
と八の字眉の困り顔の媚びた表情でまた生のチ◯ポを受け入れてしまった。

「ん、ん、ん」突かれながら喘ぐ果帆
突きながらカメラに向かって森の黒い尻が向き
果帆が見えなくなったところで
森はペニスを抜き出し、体勢と体位を変えるようだ
カメラの位置を気にしてカメラ目線になるが
果帆はそれに気づく様子は無い。

今度は果帆を立たせ、森が椅子に腰掛けた。
果帆の身体をカメラ側に向かせ、背面座位で挿れるようだ。

両胸を握りつぶしながら、腰を落とさせる
果帆も目を閉じて表情を歪める、入ったようだ。

ここから果帆に動かせて、森が言葉攻めに入る。

森「ずっと、お前とやりたかったんだよ」

果「ん、ん・・そうなの?」

森「飲み会になると、お前とやりたいって奴ばっかりだよ、裸の写真、みんなに見せびらかすからな」

果「ん、ん、ダメ、、やめて」

森「じゃあ、俺がやりたくなったら、また、、な?」

果「ん、や、、、イヤ、これで最後」

森はぎゅっと胸の掴みを強め、指がおっぱいに沈み消える。
そして立ち上がり自分でピストンし始めた。

森「あ!?お前まだわかってねぇな、自分から誘ってきたヤリマンの癖に」

果「んんんんんん、違う、、ん、、、ん、、ん」

森「気持ちいいか?気持ちいいって言えよ」

果「ん、あ、、あん」

森「いいか?またやらせろよ!」

果「だめ、、、結婚、、するし」

森「うまくいってねぇんだろ!?この浮気女!」


(そっか〜果帆俺たちの事うまく行ってないって言ってたんだぁ)
確かに隙は有ったけど

そこで森は果帆をベッドに投げ飛ばすと
果帆は「きゃっ」と横たわった。

そのまま、果帆の両手首を掴み両足の間に腰を入れ
また正常位で攻め出した。

すると言葉の攻めはなくなり、2人は見つめ合いながら
sexを愉しんでいるようだ、
果帆も森の首に両手を回し出した。

果「森さんも、、、ん、、結婚してるしぃ」

森は無視してピストンを繰り返す
「果帆、果帆、、果帆、イク、、、ああ、好きだ、、好きだ、、好きだ」

果「あん、あん、あぁ、、、私も、好き、好きぃ」

森は限界が近付くとピストンを速め、舌を出して果帆の口の中に入れた。
果帆もすっかり両手で強く抱き付いてしまっていた。
お互いにぐちゃぐちゃ、もごもごと言いながら

森が「あーーーー」っと叫び声とともに膣から抜くと右手で扱き
果帆の腹から胸に精子を飛ばし果てた。
俺もほぼ同時に果てた。

そのsexが終わり、カメラ手前に森が仰向けに
果帆は森の向こう側に居て自分の腹上の精液を処理していた。
仰向けなまま大の字になった森に
果帆はなんと衝撃的な事をし始めた。

悪戯好きっぽい笑顔で白い歯を見せながら
右手で森の萎えかけたチンポを持つと
そのまま、顔を近づけ、、、

俺は「やめろ、やめろ・・果帆」と画面に呟いた。

果帆はそのままお掃除フェラを始めたのだ
俺はまた激しく勃起していた。

続く

20141129164215a66.jpg
女性スタッフがキワドイ下着を身に着け同僚や上司の前でお披露目 立場を利用しセックスまで強要されるワイセツ流出映像




Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

イケメンに狙われた女 その1

初めて寝取られによる胸の苦しさと、
興奮を覚えたのは今の妻、果帆と付き合い始めてからでした。

果帆は今32歳で私と知り合って7年目です。
容姿は165cmと背の高い方で、若い頃はグラビアモデルの亜里沙に似ていました。
流石に言い過ぎたか・・・
まぁあそこまで美形では無いと思うのですが、亜里沙をちょいブサにした感じとイメージしてください。

色白七難隠すと言いますし、
肌が白いのと胸がFカップ有ったので、かなり男を寄せ付けていました。

しかし細身で巨乳という訳ではなく、二の腕は結構プルプルしていますし、
タイト目なパンツやスカートを履いた時には、ウエストのお肉が若干それに乗る事を
365日気にしているという感じです。
俺はそれを微笑ましく見ています。


一緒に買い物していて、俺がちょっと電話で中座した時サラリーマンにナンパされていたり、
家の近所で散歩中、おじさんから電話番号のメモを渡されたりと、俺が把握しているだけでもそんな事が結構有りました。

性格は割と古風な方で、のんびりしている印象も有る天真爛漫タイプ
臆病なところもあるんですが、一切動じていないように見せる演技力も持ち合わせていて
意外にも仕事では結構しっかりしている面も発揮しているようです。
家では凄いおしゃべりで、愚痴も毒も吐くので、俺は聞き役が大変な毎日です。

その果帆が24〜26歳の頃、モニターやカットモデルとして
月に2〜3度、とある美容院の専属モデルをしていました。

本人も綺麗にして貰い、更に綺麗に写真を撮って貰って、
雑誌や冊子などに掲載される度に嬉しそうに見せてくれましたし
俺も
若い時しか出来ない事だし、温かい目で見守りつつ
色んな髪型や写真を楽しませて貰っていました。


前置きが長くなりましたが
ちょうど果帆と俺が付き合って1年弱の頃でしたか
俺は友達と飲みに行き、何軒目かでキャバクラへ
そのままアフターで仲良くなってキスをしてしまったキャバ嬢がいたのですが
その嬢とのメールでのアホなやりとりを果帆に見られてしまったのです。

お風呂から上がると、果帆が鬼の形相でこちらを睨んでいる、
鈍い俺も一瞬で「あ、見られた」と察しました。

散々絞られ、その場でアドレスを消され、
「別れないけど、こっちだって浮気し返すからね」と宣言されました。

俺「へ?・・・相手いるの?」
果「候補は居るわよ」

候補は美容室のスタイリストで果帆より2歳年下の浜田君という人で、
話も結構合うらしい。

果帆の専属は女ディレクターだったので、そんなアシスタントの存在があったことすら意外でした。
果帆曰く、
単館上映モノの映画が好きなところとか、趣味が合致して話が盛り上がるし
実は機会があれば是非・・・とまで発展した会話も既に成されたそうです。

俺「客商売なのに実際客のこと誘えないんじゃない?」

果「あたし客じゃないもん。」

果「来週トリートメントだから、付きっきりになるな」

・・・つまり都合が合えば映画へ行くかもしれないよって匂わせてくる。

俺と果帆はお互いに一人暮らしだったけれど、慣れ合いで半同棲の様になっていたし
果帆の束縛(携帯をチェックされる程度ですが)にもちょっと窮屈さを感じていたから、
これを機に少し距離を置いてみることにした。
俺は多分果帆に追いかけられている側で居て、調子に乗っていた部分もあったと思いますが
まぁお互いを見つめ直すいい機会かと軽い気持ちで


その後
果帆が余りに浜田さんをかっこいいと吹聴するので
女々しくも一応その男についてネット検索してしまいました。
すると写真が出てくる出てくる、実際かなりの男前・・・というか、美男子。
某SNSサイトではファンが作った、○○浜田コミュニティという同好会が出来てて
メンバーも300人くらい居るし
で果帆もメンバーだし笑

俺「デートくらい良いんじゃない?」

実は果帆ですらデートして貰う側なんじゃね?って冷や汗掻き始めました。

更にサイトで
調べると身長185cm、指が長いとか、接客が丁寧とか、声が素敵とか・・・
ちなみに俺自称175cm、165cmの妻には185cmくらいがお似合いなのか・・・
ってネガティブなところも顔を出してきた。

それに果帆は今までイイなと思った男とは必ず付き合ってきたと言うし
恋愛に関してかなりポジティブなメンタルの持ち主だ。
確かに当時の果帆から誘われたら美人局として疑われて敬遠されるくらいしか
断る理由は無いとも思う。

でもまあ
俺もそこそこ、自分で言うのも何ですが、果帆に優しく接していた自負も有りましたし、
浜田くんは果帆より年下だし
直ぐ俺のありがたみに気付いて、連絡よこすだろうと楽観的に思っていた。


案の定
1週間くらいで果帆の方から電話が掛かってきた。

果「明日カルボナーラ作るけど、ウチ来る?」

俺の好物を餌に誘ってくるなんて、可愛いとこあるじゃんって
俺はテンションも上がり翌日の昼から果帆のアパートへ向かった。

部屋で出迎えてくれた果帆は佇まいが変わって見えた。
多分髪のカラーも若干変わったのとトリートメント効果で艶も増してたのと
久しぶりに会うということで部屋でも薄くメイクもしていたからか。
格好はいつものタンクトップにスウェットだったのだが。
妙な色っぽさを纏っていた。

1Kの部屋で床に座って待っていると
キッチンから出来たての食事を運んでくれた。
付き合い始めて以来、2日会わないことすらなかっただけに
初めて1週間位会わなかったことで、ぎこちなさと照れが有ったと思う。
実際辿々しい会話だったと記憶しているが
相変わらず美味しいカルボナーラを、テレビを観ながら食べ終えて
俺が洗い物をしていたら、
果帆が後ろから抱きついてきた。

俺はその時点で
もう既に嫌な予感、プラス嫌な汗

俺「どうした?」

果「ねぇ、浮気した時って、私の事思い出した?」

俺「!!・・・だから、どうしたの?」

果「その時後悔した?」

俺はその時点でバクバク胸がはちきれそうになり、息が詰まってきた。
あれが酷いと過呼吸になるんだと思う。

俺「・・・デートして来たの?」

果「ううん、デートは、して無いけど次の約束してきちゃった。」

俺は話を掘り下げ聞き込み開始。

先週
仕事終わりに美容室へ行き、浜田さんにシャンプーから担当して貰い
トリートメントの行程に入る頃には
閉店時間過ぎていた事も有り、広い店内で2人きりになった。
割と気兼ねなくプライベートな会話へ移行していく。

そして、この前の映画の話になり
向こうから、
「今日この後一緒に行きませんか?」と誘われ(誘わせ)
浜田さんが通勤で使用しているバイクで映画館へ行くことになった。

しかしながら果帆は
バイクへ乗る前に貸して貰ったヘルメットが彼女専用のモノだと知り
彼女さんに申し訳ない思いで乗車を遠慮していたが
いざ、タクシーを捕まえて向かっていては上映開始時間に間に合わないと説得されてしまう。

果「じゃーもー間に合わないからヘルメット借りるっ、彼女さんに謝っといてっ」
と結局二人乗りで向かったと

俺「ちなみにどんなバイク?」

果「バイク?・・・タイヤがボコボコしたやつ」

後に現物確認したのだが、モトクロスタイプでした。
俺は内心「うわー、後ろからちゃんと抱きつかないと乗りにくいヤツだ・・・」

パンツスーツ姿で男の背中に胸を押し付けたのかと鬱勃起してきた。
彼女のパンツスーツ姿はまたそそるんです。



つづく

20140420231712f9c.jpg
依頼人はサエない夫!愛する妻は夫がモニタリングしているとは知らずプロナンパ師のマシンガントークに陥落して他人の肉棒を咥えこんでしまうのか!?

プロナンパの意味がわからないですけどw
講座とかで生計立てられるのかなぁ、・・・とにかく押しに弱すぎる奥様が可愛いくて綺麗です。

続きを読む

テーマ : 寝取り、寝取られ話
ジャンル : アダルト

プロフィール

世界のNTR

Author:世界のNTR
大切な女(ひと)を寝取られた経験から、寝取り、寝取られ、NTRの世界の扉を開いてしまった34歳の男です。
詳細プロフィールはこちら
当サイトの記事をコピペ引用したサイトが多いですが
当サイトが「オリジナル」です。
基本的には週末更新なのですが、平日ゲリラ更新する事も有るので良ければRSS登録でもして下さい。
Twitterは@worldntrです。
メッセージも大歓迎です。

フリーエリア
FC2ブログランキングも参加してます。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
写真風サムネイルのリンク
Hな体験談まとめアンテナHな体験談まとめアンテナ

秘密のH体験談  ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ

萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集

エッチな秘密の体験日記エッチな秘密の体験日記

エピソードsexエピソードsex

官能小説.com官能小説.com

ギルゲエムギルゲエム

オナネタ専用エッチな体験談オナネタ専用エッチな体験談

萌えた体験談コピペ保管庫  萌えた体験談コピペ保管庫

正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め

女の子のエッチ体験告白女の子のエッチ体験告白

X-day
カウンター
RSSリンクの表示
カテゴリ
タグ一覧

寝取られ 人妻 NTR 体験談 浮気 巨乳 AV 色白 盗撮 フェラチオ 飲み会 不倫 果帆 エロ漫画 飲み会に行く妻 官能小説 ナンパ ダイエット中に調教された妻 電子書籍 エロゲ 天真爛漫妻 セクハラに堕ちた妻 寝取り ライトノベル OL レイプ 押しに弱く拒めない女 セクハラ ながえスタイル 調教 近親相姦 イケメンに狙われた女 知花メイサ 黒木秀彦 同人誌 やきもちやきの社内恋愛 アダルトノベル ホテル ベビーカー 亜里沙 マッサージ 若槻みづな 篠田ゆう 愛原さえ 風俗 横乳 香山美桜 後輩に見返りを求められて 女教師 日焼け 水着 欲求不満 呼び出される妻 カラオケ アタッカーズ 輪姦 結城みさ 冴島かおり 熟女 露出 南せりな kindle 嫉妬 泥酔 許してしまう妻を許してしまう夫 若妻 あな許 橘美穂 視姦 愛乃ゆな メガリス 篠田あゆみ ハミパン ママ友 シアリス エロgif gif DMM 星野竜一 奥田咲 無防備 白ムチ セフレ 美乳 温泉 コミック 社内恋愛 磯山さやか 成田麗 ストーカー コスプレ とみの伊織 スレンダー 夫婦 嫁の既セクがうちに来た 尋問 同人 東タイラ 由衣 中出し チャラス吉村 胸チラ 佐野あおい あさぎ龍 団地妻 木下若菜 絵魔 彼氏の前で 弓束ちはや 子づくり 椿かなり 夫婦生活 ノーブラ 橘優花 メガネ 加藤綾子 本田岬 初音みのり 西野エリカ カトパン似 巨乳妻 七瀬あさ美 魔人ENZIN 生保レディ 汗だく 南国 母乳 クンニ  新妻 波多野結衣 気弱 ショートカット 言いなり パイズリ オナニー カーセックス 寝取らせ 夜這い 修羅場 3P 義父 O157 携帯 めぐり H&ストック 舞ワイフ 超人妻 エロCG 痴漢 それ妻 義兄 乳揉み 家庭教師 薄着 清楚 尾上若菜 北川エリカ 大島優香 杏堂怜 ジャニーズ 本田莉子 千乃あずみ JET映像 BBQ 羽田璃子 VR作品 VR 三上キャノン 篠原ゆい 瀬田奏恵 西條るり フェラ 後腐れなく一発お願いされた妻 高樹マリア 林美紀 逢沢るる 後腐れなく一発お願いされる妻 パート妻 美里有紗 橋本マナミ 小鳥遊はる 援交 流出 柳田やよい 鮎川なお 花崎杏 伊東真緒 漫画 チャットストーリー NTRの世界 穂川果音 ゴルフレッスンで発情 シロタクロタ pixiv 三上悠亜 おかわり 肉尊 桂あいり 帰省 加藤あやの 佐山愛 ボディタッチ 石原佑里子 子供会でマイルドヤンキーに口説かれて 山口真里 夏井亜美 愛妻家 Vシネマ 千家カゲロー PIXIV Vadass 三井カンナ 森高かすみ 木高かずみ 真木ゆかり 終焉 パラダイスTV 陵辱 椎名まりな 元彼にのめりこむ妻 都合よくおかわりされた妻 原望美 合コン 山口優香 下着 池田美和子 この世界の扉を開く SNS パートタイマー プチ寝取られ FANZA 鈴村あいり 木下あずみ ヤリ部屋 寝取り盗撮 ネトラレーゼ 佐伯春菜 maika 木村まりえ 倉多まお 相沢しいら 子育て 椎名理紗 都合良くおかわりされた妻 由浦カズヤ 勃起不全 貸し出し妻 非モテ 海女叔母さん 元彼 許してしまう妻 gifアニメ 溜池ゴロー 宮本沙織 麻生夏子 ヘンリー塚本 DQN 密会 昼顔 吹石一恵 結婚生活 コミケ 診断 寝取られ属性 隠れNTR 荒井啓 おんぼろ月 御手洗佑樹 人妻落とし ダウンタウン しゃべくり007 芸能界 中村昌也 矢口真里 それでも妻を愛してる 

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR