FC2ブログ

プチ寝取られ

今日は妻の友人が遊びに来たので3人で宅飲みしてました。
私は案の定先に潰れて寝てしまいました。
今は目覚めてしまったのでBSでサッカー観てるところです。


起きてからスマホをいじっている妻にちょっかいを出してみましたが
避けられましたw

頻繁にバイブが鳴っていたので、誰かとやりとりしていたことは確実ですが
聞いても教えてくれませんw

というか
妻の友人と恋バナする妻に
ちょいムラしていたので
正直
抜いて欲しかったんです

・・・お願いすら出来ませんでした。


最近またイン○気味というか、硬さが足りないので試したいのも有るんです。
(シアリスジェネリック取り寄せ中)
先日ちょっとしたプチNTRでも硬さが足りませんでした。
(いずれ記事になる可能性が有るので詳細は控えます)



2014042703261450a.jpg

最近の舞ワイフ
myワイフでは無いですが、抜けます。
アクセサリーが少し邪魔でした。


201404270327435d8.jpg

義姉のカラダ フルカラー
すごい読み応えありますが、正直あまり興奮できませんでした。



そこそこの勃起ではなく
痛いほどの勃起が懐かしいです。
AV女優のアクセサリーが気になったり
エロコミックの画のデッサンが狂ってるのが気になったり
エロ馬鹿になりたいのに
エロ馬鹿になり切れない
自分の気難しい性格が恨めしいです。
だからインポになるのはわかってますw

そして


次のNTR話は
2013〜2014年末年始の話ですので
少し間を空けて書きたいんです。
少々お待ちください。

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

呼び出される妻 その3完結

初めての報告会です。
といっても俺の中で勝手に報告会と銘打っているだけですね
浮気を聞き出すことは多くても、聞かれる側は慣れて居ないですから

そんな状況で平常心を失ったか、
入室した俺は手持ち無沙汰で浴槽にお湯を張っていて
少しずつ上昇する湯面を眺めて放心していると
急に浴室のドアが開き、後ろから妻が抱きついて来た。
振り返ることなく壁面の鏡で確認すると、既に下着姿になった果帆が抱きついている。

先攻は果帆の懺悔から

果「あなたが泊まり(合宿)に行った時、谷が来たの」

俺「うん」

果「最初悪かったのはあたしと思う、挑発繰り返してたから」

俺「うん」

果「インターフォンのモニタに(谷の姿が)映ってる時はびっくりして
無理って言ったんだけど、後ろに人(他の居住者)来てるのも見えて、(エントランス側に)部屋番号出てるし(表示されてるし)」

俺「開けちゃったの?」

果「仕方なく、、、だって、そこで押し問答してても、、、って」

俺「んで?」

果「谷には言ったよう、玄関先でも帰ってって、でも・・・」

俺「でも?」

果「「俺さんの合宿って、女も何人か参加してるの知ってる?」って言いながらそのままズケズケと」

俺「はぁ!?男しかいねぇし」

果「だよね、あたしもあとで○○さん(※共通の友人)のFacebookで集合写真見たから」

俺「じゃあ何?なんで騙されちゃったの?」

果「騙されてないよ、ただしつこくて帰ってくれなくって」

俺「しつこく?」

果「触られた」

俺「・・・」

俺が言葉を返せずに居ると
果帆は気持ちを察するように後ろから俺の股間へ手を伸ばして来た。
既に鋼鉄の様になっていたソレに気付くとそのままベルトも外された。
俺は怒りとは裏腹に、しかも余りに早くフル勃起状態になってしまった事が何か気恥ずかしく
果帆はソレに安心したように吹き出し笑いをしていた。


谷が訪問してきたその日は他にも来客の予定が有ったので
身体を触られただけでなんとか帰らせる事が出来たものの
奴は俺の浮気証拠を掴んだと餌を撒き、翌日果帆はその証拠確認で自宅へ呼び出され、行ってしまったという訳。

果「でも、、なんも(証拠は)無かったの」

俺「 ・・・」

そこで結局sexしたことは知っている。
それでも「どうやってヤられたか?」と核心を突く質問が出来ない。
呼吸が苦しい、この感覚だけは慣れることは無い。
それは単に俺が小心者だからかw

攻められながら聞くのは初めての経験。
速い手コキ途中で浴槽のお湯がいっぱいになったので一緒に入浴。

果帆は節々に言い難そうでしたが、結局は襲われてそのまま最後までしてしまったらしい。
・・・俺は歯切れの悪い刃で切られたようで、煮え切らなかった。
射精することも無く、風呂にのぼせてしまいそうだったので先に上がった。


妻も謝罪の言葉を吐き出しながらの方が気分も盛り上がると思うし、感じると思う。
俺も攻めながらでないと、色々突っ込んだインタビューができないとわかった。
そのように相互の盛り上がりが欠けた空気の中、
浴槽脇で身体を拭いていると、いい意味で果帆のKYさが発揮される。


果「それより〜〜由衣ちゃん、、、可愛いじゃん」

俺「、、、は?」
一気に心拍数がUPしました。

果「ん〜だいたいあなたが言ってた事と(由衣も)同じような事言ってたかな・・・バスタオル取ってくれる?」

俺「は?、、、なになに??」

果帆も浴槽から上がり、俺が渡したタオルを見に纏う。

果「あなたみたいな事しちゃうもんだね、色々聞いちゃった」

俺は返答することなくガウンを着てベッドへ逃げると
果帆も追いかけて来て、ベッドへ乗り覆い被さって来ます。

果「(由衣の)きんきょー知りたいぃーひとぉーー?」

垂れ目が強調された柔かな笑顔で幼児相手のように聞かれたので
俺も無邪気に「うんっ」と応えてしまった次の瞬間!

平手打ちが飛んできた。
そして頬をアイアンクローの様にガッチリ掴まれる。
妻の表情の豹変と握力の強さに驚き戸惑っていた。

果「ごら"ぁぁぁ〜きょーみ持ってんじゃねーーよ!」

上下の歯を万力のように噛み締め、剥き出しにする動物的妻を見て
思いっきり引っ掛け問題にハマった自分に気付き
「ふごふご」と声にならない謝罪をする

それからしばらく
由衣についての質疑応答を幾つかやりとりし
アホな夫婦丸出しで戯れ合っていたが
果帆の一言で一変というか、俺のスイッチが入った。

その一言というのが

果「・・・コンドーム投入したのもあなただったりして?、ふふふっ」

意味不明な方が多いと思いますので、説明させて貰うと
由衣と初めて肉体関係(言ってみたかった)を結んだ夜。
偶然再会したのが、とある駅のホームだったのですが
彼女はバッグの中に使用済みコンドームを入れられて泣いていたのです。
参照押しに弱い女


俺「ありえねー」

果「きゃーーーー!怒るのが怪し〜い」

俺「変質者と一緒にすんじゃねーーー!」

決して逆鱗に触れたとかそういう訳じゃないんですが
戯れながら果帆の身体を仰向けに組み敷いて、その股の間に膝を滑り込ませたところ

(ぬるっっ)

既に中心部は溶け切ってそこから滴れてきた液で内腿がすごいことになっていました。
過去に前例が有りません。
果帆がある種俺と同じような性癖に目覚めた事に気付いた瞬間でした。


俺「わ・・・凄くなってるじゃん!?」

果「・・・誰かさんみたいじゃんね、あたし、、も」


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

呼び出される妻 その2

一緒に入って来たのは、、、由衣でした。

部屋に居る俺達を見て固まる由衣。
知らなかったのなら当然のリアクション。

俺もそれなりの覚悟を持って、この谷の家に出向いて来たつもりでしたが
想定外過ぎる展開に目を丸くしていたと思います。
果帆はそんな俺の反応を見て、全てを察した様です。
由衣の写真も見ていたのなら当然気付きますよね。

完全に血の気が引いて硬直化した俺は
谷のリードに身を委ねるしか無かった。

由「ちょっと!?どーゆーこと??」
俺も脳内で同じ台詞が回っています。

谷「まぁまぁまぁまぁいーからいーから」

若干の押し問答が有ったものの
谷に背中を押され居間に入って来た由衣
果帆は一瞬目をやったものの、その後俯いている。

谷「果帆、わかる?こいつが由衣」

俯いたままの果帆

谷「おまえの旦那とあんなことやこんなことしてたセンセー」

由「やだ、もー帰る」

谷「は!?おまえ散々聞きたがってたから会わせてやったんだろ!?」

谷に腕を掴まれて泣き出す由衣、26歳にこんな状況対応は余りに酷な話だ。
俺は狼狽え過ぎてフォローの一つもしてあげられないのでした。

谷「おいおい、、、」

今度は谷がバランスボールに座った果帆の手を引いてソファへ誘導した、果帆は従順に付いて行く。

谷「泣かなくてだいじょーぶだって、この人もセンセーに会いたがってたんだから、な?果帆」


谷の策略は
俺達を全員集合させ、話しをさせ、聞かせる事だと悟りましたが
少なくとも親切心からの行動で無い事は確かです。

果帆は谷の問いに答えず
沈黙のままです。

俺はその場の空気が重いことに全ての責任を感じ申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


しかし沈黙の中
深い溜息のような深呼吸を一つした果帆は
普段の彼女から想像出来ないくらいの仕切り能力を発揮したのです。

由衣に挨拶してから、質問を繰り出す果帆
徐々に平静さを取り戻したのか、それに応じる由衣

俺も途中から谷の助け舟で勧められたビールを空けつつ、聞かれた事は隠さず答えました。
敵の情けを受けた感じで我ながら不甲斐なさの極みです。

・・・

やがて谷の真の策略が見えました。
奴は由衣と俺の情事を再現させようとして
更に自分は果帆の胸の膨らみや太腿をまさぐって刺激し、4Pへ持ち込もうとしてきたのです。
正直、こいつなんでもありのお構いなしかっ!?と突っ込みそうでしたが


果「はいはい、谷くんノーサンキューですーーーそーいうの」

果「谷くんはっきり言っておくね、谷くんがモテるのは良く分かった」

谷の肩に手を置く果帆、、、こんな時も自分からボディタッチが多い。

果「良く気付いてくれるし、でもあたしにとってこの付き合いはやっぱり空洞でした」

果「元々この人(俺)のお遊びだったけど、あたしも恋愛ゲームみたいでちょー楽しかった」

果「でも空洞だから、おしまい!」

笑顔で言い切った果帆

谷「ぅーおい!この前と言ってる事ちげーじゃん!?」

声のトーンが若干上がった谷
肩に乗せられた果帆の手を取り、抗議する表情は引き攣り始めていた。
無理矢理な笑顔を作ろうとしている様にも見えた。

果「・・・それにいきなり家に来るのはもう絶対にやめて」

由「あ、わたしも!」

果「即、通報よ」

由「うん、わたしも」


窮鼠猫を噛む谷からの反論も有りました。

谷「誰にでも抱かせる旦那でもイイの?」

・・・など谷が誤解してる部分は、さすがに俺も弁解しなくてはとクチバシを挟み

結局は
いつの間にか一枚岩に成った女性陣の意志が硬く、凄腕の谷も4P計画は諦めたようです。
俺たちは帰る時間になり、果帆の意思により由衣も連れて帰ることにしました。



谷「センセーは置いてけよ」
何故か果帆の二の腕を掴んで由衣の事を引き止めようとする谷

果「は?・・・だって、さ、、、センセー、どする?」

由「やです。連れてって下さい」

果「はい、じゃあたしも旦那の事でこのコに聞きたいことあるし、、、って事で」


この時も妻はしっかり者に見えました。
谷は捨て台詞も吐き、俺は気分を害しましたが、応戦することなく素通りしました。
奴の目論見的には、推測ですが、部屋鍵を開けておく旨のメッセージが有りましたし
先に由衣と谷が居る部屋に、俺たちが来る算段だったのかも知れません。
そうなった場合、違う展開になっていたかもしれませんので
今回は果帆も、由衣の件も結果オーライだったと自分の中で消化しました。


並んで話しをする2人、少し離れて後ろを歩く俺、
身長165cmの果帆と、155cm位の由衣が横並びに歩く後ろ姿を見て、まるで姉妹かと錯覚する程で
由衣が果帆に抱き付いて泣き始めた時は驚きました。
人懐っこい妻が、同じく輪をかけて人懐っこい女に懐っこくされているのが新鮮でした。
ですが、抱き合う時間が長く、見物人が若干ひしめき合い始めたので、さすがに2人を解除させました。
日曜日の午後の街中の人々との温度差有り過ぎでしたから


おまけに別れ際、果帆から由衣の連絡先を聞いていたのには「・・・有り得ない」と呆気にとられました。
由衣もなんか嬉しそうに教えてるし・・・
(既に谷のマンションで俺と谷の連絡先は消去済み)
妻の計り知れない、女誑しならぬ「人誑しの才能」を見せつけられた気がします。

一時期の絶頂期は過ぎていたものの
由衣の事は本当に好きになってしまっていたので
お別れをする時は、かなり堪えると思ってましたが

由「果帆さんの連絡先教えて貰いました〜俺さん、さよなら〜〜」

俺「あ、、、ふはっはは・・・」

ドライで苦笑いしか出てこない別れでした。
まぁそんな2人の天真爛漫ちゃんのおかげ?で別れ方としてはハッピーな部類と言えるのかもしれませんし
通常、修羅場るシチュエーションでそこまで修羅場らなかったのもこの2人だからこそなのでしょうか
未熟な私には今でもわかりません。


・・・
更に時は過ぎ
果帆からの提案で夫婦だけの時間を持ちました。
報告会をする為です。
昼間からホテルに入りました。
それなりに刺激的な内容だったので(完全に主観ですが)このお話の続きとして紹介させていただきます。


続きを読む

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

呼び出される妻

谷がメッセンジャーアプリを使用して
果帆と俺と谷、3人のグループを作り集合をかけてきたのです。


谷「はーーい、お2人さーん」
谷「明日2人して俺んち来れる?」
谷「てか予定キャンセルしてでも来て!」

独りで居た俺は読んですぐに返信しました。

俺「急だな、なんなんだ?」

俺が投げたメッセージに直ぐ「既読2」のカウントが表示されました。
別の部屋に居る果帆も閲覧中のようです。

谷「おー俺さん、絶対なんとかして来て!俺さんの為だから、果帆もだよ!」

俺「俺の為の意味がわからないけど、何時くらい?」


谷「夕方までなら何時でも」

ここで果帆が絡んで来ます。

果「2人で行ける訳ないじゃん、△△※居るんだから」※子供の名前

俺「果帆、俺がなんとかするよ」

珍しく後先を考えず瞬発力だけで返答をしてしまいました。
ここらで「決着」つけたいと本能で感じたのです。

谷「なに、お2人さん今一緒に居ないの?」

谷「スタンプ(ほくそ笑むキャラクター)」

俺「谷、行くよ、話ししよう」

谷のおちょくりを無視して、俺はやや強引に決定。

谷「じゃあ来る前にここにメッセージ入れて、下でピンポンしてくれれば、部屋鍵は開けときやす」

ってことで話が進みました。
「俺がなんとかした」件は割愛させていただきます。


翌日、妻の手を繋いで、というより、強引に手を引っ張って、電車に乗り、席で話しをした。
幸い休日の車内は人影疎らで、際どい会話もOKでした。
その時の妻は怒りが薄れていたので割と話せる感じ
だけでなく、目的の駅に到着したので降りようと席を立つ俺の腕を引っ張る
・・・降車せず話し続けることにしました。

果「谷と会ったことは・・・後で聞いて欲しい」
俺に釣られて呼び捨てになって、涙目でした。


俺「わかった・・・もう谷と寝ないで欲しい、俺ももう裏切らない」
谷の二面性に嫌悪感も抱いていること吐露しました。


果「うん・・・でも謝ってなかったね、ごめんなさい」
この時は目を見ながら謝ってくれた。

俺は強く抱き締めたい衝動に駆られるも抑え
顔を近付け、鼻先同士を軽く接触させるのみにした。
ガラガラな車内とはいえ無人ではないので、それすら少し抵抗が有ったのを思い出します。

果「行くのやめてもいいんじゃ?、、、ブロックするし」
涙目でシリアスな雰囲気を出していたと思ったら、急に一点の曇りもない目で微笑んでくる、、、
切り替えについていけないような天真爛漫さ発揮されても困りますが

俺「んーーー・・・いや、決着つけなきゃ」



終点で折り返し運転する電車に乗り直しまして、戻ること数駅。
谷のマンションに到着、エントランスで呼び出しボタンを押す。

谷「あっ早いねーー!?」
と少し慌てた様子で解錠、
(そっか・・・出発前、谷にメッセージ入れるのを忘れた)
一杯一杯だった自分にも気付かされました。


棟内、部屋まで果帆に誘導させる、後ろ姿を見ていると切ないけれど股間はむず痒く
(妻がここを通ったのは何度目なんだろう?、、、と)
無性に後ろから妻を羽交い締めにしたい衝動に駆られました。


部屋に押し入り
俺は図々しく振舞い、奴のPCスツールに腰掛け、果帆はその傍のバランスボールにフワフワ座る。
(よし今日はビシッと言うんだ、今日の俺は直球しか投げない!)
と気合いを入れ直す。

谷「しっかし早かったね、お2人さんw」
どことなくそわそわしている谷、座らずキッチンと居間の敷居付近をうろうろしている。

我先に先手を打つ、伝えた事の概要は以下の通りです。

元々2人をけしかけた事を後悔してる。
今は自分の気持ちと家庭を優先したいから、今後俺達夫婦から離れて欲しい。
俺らはお前の連絡先も消そうと思ってる、sns経由でもやりとりは出来ないようにしたい。
お前も今連絡先を消して欲しい。


・・・



谷は俺と目線を合わせる事無く真顔で聞いていたものの、徐々ににやけ顏になりこう返して来た。

谷「えっと、、興奮度足りませんか?・・・ご希望以上のことしてたつもりなんですけどねぇ」

まるで暖簾に腕押し状態だった・・・だけでなく
やつは果帆の肩に手を掛け、顔を覗き込む、正直キスされると思った・・・が、違った。

果帆の傍に置いてあり、着信のバイブが鳴っている携帯に手を伸ばしていた。

谷「はいはい、あっ、、はぁはぁ、、じゃーちょっと出るから待ってて」

電話を切った奴は
きょとんとする俺達に靴を履きながら説明をする。

谷「ピザ屋、ピザ屋、道わかんないみたいだから、ちょっと迎え行って来る」

残された俺達は言葉も無く、
俺は改めて部屋を見渡す
ワンルームながら家具、家電もこだわり派なのが見て取れる。
離婚してから全て買い替えたんだな、真新しいし
淹れてくれたアイスコーヒーにまでこだわりを感じる、流石元カフェ店員、、、とか感心してる場合じゃない。
果帆も大人しい
それにしても我が妻ながら、他の男の部屋に居るだけで、何故卑猥な佇まいなんだろうと不埒な事を思っていた。



さほど時間は掛からず玄関のドアが開き、谷は戻って来た。
しかし一緒に戻ってきたのはピザの配達員では無かったのです。

つづく

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

プロフィール

世界のNTR

Author:世界のNTR
大切な女(ひと)を寝取られた経験から、寝取り、寝取られ、NTRの世界の扉を開いてしまった34歳の男です。
詳細プロフィールはこちら
当サイトの記事をコピペ引用したサイトが多いですが
当サイトが「オリジナル」です。
基本的には週末更新なのですが、平日ゲリラ更新する事も有るので良ければRSS登録でもして下さい。
Twitterは@worldntrです。
メッセージも大歓迎です。

フリーエリア
FC2ブログランキングも参加してます。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
写真風サムネイルのリンク
Hな体験談まとめアンテナHな体験談まとめアンテナ

秘密のH体験談  ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ

萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集

エッチな秘密の体験日記エッチな秘密の体験日記

エピソードsexエピソードsex

官能小説.com官能小説.com

ギルゲエムギルゲエム

オナネタ専用エッチな体験談オナネタ専用エッチな体験談

萌えた体験談コピペ保管庫  萌えた体験談コピペ保管庫

正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め

女の子のエッチ体験告白女の子のエッチ体験告白

X-day
カウンター
RSSリンクの表示
カテゴリ
タグ一覧

寝取られ 人妻 NTR 巨乳 体験談 浮気 AV 色白 盗撮 フェラチオ 飲み会 不倫 果帆 エロ漫画 官能小説 飲み会に行く妻 押しに弱く拒めない女 レイプ セクハラに堕ちた妻 ライトノベル 天真爛漫妻 エロゲ ナンパ OL 近親相姦 調教 電子書籍 黒木秀彦 イケメンに狙われた女 風俗 アダルトノベル 同人誌 ホテル 愛原さえ 許してしまう妻を許してしまう夫 香山美桜 寝取り ベビーカー 知花メイサ 亜里沙 やきもちやきの社内恋愛 マッサージ ダイエット中に調教された妻 セクハラ 女教師 kindle 呼び出される妻 輪姦 ながえスタイル 結城みさ 後輩に見返りを求められて 篠田ゆう 冴島かおり 泥酔 嫉妬 熟女 欲求不満 日焼け カラオケ アタッカーズ 若妻 露出 水着 横乳 あさぎ龍 チャラス吉村 無防備 視姦 エロgif gif 夫婦 白ムチ 磯山さやか メガリス ストーカー 篠田あゆみ シアリス 橘美穂 星野竜一 南せりな ママ友 奥田咲 団地妻 中出し 温泉 美乳 東タイラ とみの伊織 由衣 コスプレ 成田麗 ハミパン 胸チラ 尋問 あな許 愛乃ゆな スレンダー 子づくり 舞ワイフ 加藤綾子 椿かなり 初音みのり 弓束ちはや 西野エリカ ノーブラ メガネ 巨乳妻 本田岬 七瀬あさ美 夫婦生活 カトパン似 橘優花 彼氏の前で 魔人ENZIN 尾上若菜 汗だく クンニ コミック 母乳 南国 新妻  ショートカット 言いなり パイズリ オナニー カーセックス 寝取らせ 夜這い 修羅場 気弱 生保レディ エロCG 痴漢 携帯 O157 H&ストック めぐり 薄着 清楚 義父 3P 義兄 それ妻 家庭教師 乳揉み 超人妻 由浦カズヤ 援交 フェラ 小鳥遊はる セフレ 柳田やよい 流出 西條るり 千乃あずみ 大島優香 杏堂怜 ジャニーズ 本田莉子 JET映像 鮎川なお 橋本マナミ パラダイスTV 終焉 DQN ヘンリー塚本 密会 後腐れなく一発お願いされる妻 パート妻 高樹マリア 美里有紗 後腐れなく一発お願いされた妻 林美紀 逢沢るる BBQ 羽田璃子 木高かずみ 森高かすみ 真木ゆかり PIXIV 子供会でマイルドヤンキーに口説かれて 千家カゲロー Vadass 三井カンナ シロタクロタ 穂川果音 ゴルフレッスンで発情 佐山愛 ボディタッチ 石原佑里子 佐野あおい 三上キャノン VR作品 社内恋愛 篠原ゆい 瀬田奏恵 VR 花崎杏 夏井亜美 山口真里 Vシネマ 愛妻家 伊東真緒 昼顔 吹石一恵 原望美 合コン 北川エリカ 鈴村あいり 相沢しいら 子育て 都合よくおかわりされた妻 元彼にのめりこむ妻 下着 プチ寝取られ 山口優香 椎名まりな 陵辱 椎名理紗 都合良くおかわりされた妻 佐伯春菜 maika それでも妻を愛してる 波多野結衣 木下若菜 ネトラレーゼ 寝取り盗撮 倉多まお 若槻みづな 木村まりえ ヤリ部屋 木下あずみ パートタイマー SNS 結婚生活 gifアニメ コミケ しゃべくり007 芸能界 ダウンタウン 溜池ゴロー 許してしまう妻 宮本沙織 麻生夏子 海女叔母さん 非モテ 元彼 中村昌也 矢口真里 貸し出し妻 おんぼろ月 勃起不全 この世界の扉を開く 池田美和子 荒井啓 隠れNTR 御手洗佑樹 人妻落とし DMM 寝取られ属性 診断 絵魔 

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR