FC2ブログ

やきもちやきの社内恋愛 終わりは始まり?

結論から言う。

とんでもない女だった、

昨日初めて女の部屋に行った.


女の携帯へ何回か着信あったのになかなか出ようとしない。

こっちは出て良いよって言ってるのに。

俺の読み的にはまた課長から誘われてるんだろうと思って問い詰めた訳よ。

暴いてやるーぐらいのノリで、吐けーって


結局ベッドで真っ最中にゲロったんだけど




「遠距離してる彼居るんだっ」




はぁーーー
遠距離恋愛してる彼氏居たわ。



ソフトなやつかと思って深追いしたら、まさかこんなスーパーハードなやつ出てくるとは。


ここまでハマっちゃうと捨てるのつらい

いや元々付き合ってすらないってことか

やばい今度は俺がゲロしちゃいそうだ

早く転勤したい。

もう会社にも行きたくない。

フクシュウのしかた募集中。

b129abnka02083pl.jpg

ひとには、言えない

テーマ : 盗撮じゃなきゃ抜けない!
ジャンル : アダルト

やきもちやきの社内恋愛 つづきの続き

当日を迎えました。

昼間女子に交じって探り入れてみました。
「結構みんな飲むんじゃないですかぁ?」

「そうなんですよ、結構みんな強いからー」


付き合ってること他の女子達に既にバレてたら、超茶番劇だわ。
ていうか、何も探れてなーいw

しかし、この時の女のちら見が可愛いかったっけ。


こうして、夜になって彼女はみんなで飲みに行きました。


(こっちから連絡してあげるから、待ってなよ)


こちらは

(おう)

とだけ返信しました。



俺も退社して家で時計を気にしー、携帯を気にしーで待っていました。

まぁ長いね。

時間過ぎるの。

もう携帯気になり過ぎて捨てたくなったから、一回部屋着のままフード被って外走りに行ったもん。

そんでもまだ思い出すから、焼酎一気飲み。

そしたら、やっとですよ、やっと女からメッセ届いたんだけど

内容が、



(解散したらお持ち帰りするからって言われた。)



膝カックンと同時に顎ハズれたみたいな。

ちょっと待て!この仕打ちは無いだろう。

しかも、言われたから、ってお前の返事は?意思は?お持ち帰りされるのか?お持ち帰りされたいのか?

部屋の中でもんどり打った。


正直こんな絵文字無しの短文でここまでダメージ受けるもんなのかと


もう我慢出来ない。

そして我慢しなくて良いだろうとジャッジしたんで携帯を鳴らしたんだ。

しかし連絡とれない。

電話不通、つまり直留守。

もう、これもキレて良しとジャッジしたその時、鏡に映った自分が酷い顔つきしてた。

逆に今頃楽しそうに騒いでる女の顔が浮かぶ。


・・・


めっちゃめっちゃ勃起してたwww

息子さんは仕方ない。

「お持ち帰りされたのかーーー!!!」

と放出した・・・がまだ怒りも収まらない。





半ば悶えながらも出掛ける準備をして、彼女の最寄り駅までは行こうと思った。

くそ、こんなんだったら昼間、飲む場所と店くらい確認しときゃ良かった。

くそ、家も素直に一回くらいお呼ばれしときゃ良かった。

後悔ばっかり

すると

ピーーンポーーーーーン。

めっちゃびっくりしたけど、元々訪ねてくる知り合いなんて皆無。

そう実は女以外は有り得ない。


ドアを開けるとそこには顔をピンク色にした女が立っていた。





引っ張り込んでめちゃめちゃ激しいヤツを玄関先で繰り広げた。
廊下に色々な女の音声漏れてたと思う。



絶対電話して来ると思ったから、電源オフにしていたとの事。
お持ち帰り予告は本当にされていたみたいだが、
「彼氏と会うんでーーー」と逃げたみたい。


それ聞いて少しほっこりした。


↑今ここ
今回も読んでくれてあんがとさん。
良ければまた書きます。


むつきつとむ
このお姉さんはフィクションです




テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

やきもちやきの社内恋愛 つづき

結局、聞きたくもない告白をされてから
その時課長と何回やったのか、どんなことされたのか、イッタのか・・・とかとか気になるじゃん。
いや、気になるようになるんだわ。
そしたら、その後はちょいちょい誘われてたけどやってはないみたい。
その時少しだけ口ではさせられたって言ってた。
気持ち良かったか?とは聞けていない。


課長に聞くって手も有るけどね。
まだそのチャンスは無さそうだ。
しかし男同士なら変な武勇伝として聞きだせるかもな。


それより、現実世界はまた巡ってきて
課長に会う度、課長と女が話すの見てる度、抱かれた姿を想像してしまうようになってしまった。
そうなるともう会社で放出するしか無い事もある訳ですよ。
いやしかし課長っていうのは寝耳に水だったわ。

そんな折ですね
女から部署飲みがある旨の報告を受けたんだけど
既に俺のやきもちやきという特性も弄られてまして

「もちろん○○課長も居るよ?」みたいな報告。

「あなたは参加できないね?」みたいな挑発。

こんな挑発は付き合う前からですけどね。
あ、言ってなかったけど女と俺は部署が違うんですよ。

「飲み会中連絡してきちゃ駄目だよ」

これは連絡して来いって捉えて構わないのか?

女の部署飲みの前に、俺自身の客とのマンツーマン飲みが有りまして
結構な時間まで飲んじゃったんです。

携帯確認したのは深夜。

(まだ飲んでるの?)

(連絡ないとあたしもしないぞ)

って女からメッセされてました。

ベロッベロに酔っぱらっていた俺でしたが
勢いで電話鳴らしてました。

明らかに寝てた電話口の女に構う事なく

「もう言う!付き合ってますって、みーんなに言うぞ!」

「ばっかじゃん」

女、すげ~笑ってた。
どっちかって言うと嬉しそうな、ばっかじゃんだった。


俺の気持ちのアップダウンが若干激しくなって来たというか
なかなか2人の時間も取れなくて、少しかまってちゃん状態になってたのかな。
女がスカートを穿いて出社する頻度とかもチェックしだしてしまった。
そんなある日

(視野に入らないとこに居ると気になってるわ~、疲れた~)

とか、しょーもないかまってちゃんメッセ送っちゃったんだけど

(疲れた?別れる?)

っていうばっさりな返信
いくら面倒くさくたって、そりゃないだろ?このかまってちゃんに!と激オコしました。
仕事も早々に切り上げて、女を待ち伏せっすよ!

オコだったのにね、そう激オコだったのにですよ。

俺に気付いた女の笑顔見た途端、怒りが吹き飛ぶ笑顔でした。

「やっぱ居ると思った」って言いやがった。

「別れられるわけないじゃーん」とも言いやがった。

人目を憚らず、街中で抱き合いました。
もう、超好きだわ、大して美人じゃねーのに。

それで吹っ切れた。

毎日先に仕事片付けて、スタバのベンティサイズを一つ買って、待ち伏せ。

公園に立ち寄ってベタベタしながら

今日有った事を報告し合って

妬いたり、讃えたり、褒め合って、1日を締める

これはこれで気持ちを安定させてくれてて

「うちくる?」

ってついにホームにも招かれた。
着替えないし、また今度でいいやって建前半分
毎日オナってるけど毎日エッチしてたら身が持たないし、ってのが半分。

あ、おかず用に必ず乳鷲掴みタイムは設けて
ええ乳してるんで、わっしわっしと時間掛けて揉んでます。

しかし部署飲みの日は迫ってきて

俺も余り気にして無い風に「明日だっけ?」さりげなく再確認。

「連絡駄目だよ表示出ちゃうから、待ち伏せしてもここ通らないからね」

結構な釘の刺されようで、当日を迎えることになります。




今ここ

今回も読んで頂きあんがとさん。

三上きゃのん
彼女の雌顔

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

やきもちやきの社内恋愛

ども

ついこの間から社内恋愛してる者です。

社内でマスコット的な存在の女と内緒で付き合い始めまして、

それによって自分の中や周りの世界が変わったような気がするから

勝手に綴らせてもらうよ。

まずなんで内緒かっつーと、

俺はまだ転勤してきたばかりなんだけど

早速本社の女に手出した!みたいな感じで叩かれそうじゃない?

本社の上司らに気に入られたいっていう虚栄心からコソコソする事にしました。

ま、至極普通の理由ですまんね。

女の事は第一印象から性的な目で見てました。

何カ月か爽やかに口説いてようやく部屋に連れ込んで、なし崩し的に男女の既成事実作ったった。

俺、社内恋愛は初めてなんだけど

意外と器用に出来ないもんでね、

会社で会ってもぎこちなくなって

女にも「最初より他人行儀なのがウケる。」って笑われた。

その点あれだね女は演技派だし、しっかりしてるわ。

その女の事をお気に入り公言してるアホな上司も居て、傍目に優越感みたいなの少し味わうことも出来る。

付き合って何週間かで大人数での飲み会が有ってさ

隣りに居た女子社員と俺が馴れ馴れしく話していたのを女は気に入らなかったらしいんだ。

すると今度は逆にこっちが見せつけられ始めた訳ですよ。

もう若干混乱、ずっと顔が引き攣ってたと思う。

呼ばれた先々で酒注いで接近というか密着してるし、

俺は気になりつつも席を立たずにそのまま隣りと盛り上がってたら。

見せつけ行為が軽くエスカレートして

年配の人に肩を揉ませたり、逆にハグしたり、みんなテンション高い場とはいえ

俺の嫉妬もどんどんエスカレートした訳ですよ。

どんだけだよと思って、

ラスト店内から出てきたとこ狙って、

俺の顔見て「何睨んでんの〜怖〜」とか言う女を

エレベーター乗る前にとっ捕まえて

手引っ張ってって、

壁の前でお仕置きですよ。

「何触らせてんだよ」って言ってぶっちゅーーーって。

がっぱぁって乳も揉みまくり。

途中から女も舌ねっとり絡めてきたから

これから駅前でバラけて集合すんぞって約束だけして、下へ降りました。

俺は階段、女はエレベーターで

先に着いた俺は上司らに適当な理由付けて抜けまして、
合流地点へ女が来るか若干不安だったけど、来たのでほっとした。
ちと遠い家に帰るのかったるくて、タク拾ってラブホ直行でした。


部屋の入り口で一発。
お風呂場でおかわりの一発。

ようやくベッドに辿り着いた時、俺は既にお腹いっぱいでしたw

入り口でハメハメしてる時、女の携帯ブーブー言ってたから
「そういやさっきすげぇ鳴ってたけど、あれ会社の携帯?」て聞いたら
女も思い出したみたいで傍で確認し始めたんだけど

ふっと横目で見たら、送り主の名前がズバーンと目に入ってしまった。

なんと

課長の姓名。

こうなると何気なく横から覗く訳にはいかず、がっつり見せてもらうことにした。
女も「えー」とは言ってたけど、まぁいいじゃんいいじゃんって感じで押し切った。

(今どこなの?)

(タクシーで迎えに行く、どこにいるの〜?)

(心配だな〜連絡ちょうだい)

絵文字満載でキモい。
人のオンオフを見てしまったようでむず痒い思いだったわ。
オンの課長は抑圧されてて、板挾みお疲れ様ですみたいな感じだったのに
その反動のオフがこれかいっ!

着信履歴も課長で総ナメ

「何これ?」

女は悪戯顔で笑ってるだけ

そういえば、ついさっきの飲み会で課長に抱きついたのも気に入らなかったんだ。

「そういえばさっきも、そんでこれ?」

「え~~」

女の脇腹をつんつんする

「おかしいよな色々とモテ過ぎて」

脇腹をくすぐる

「わかったよ、言う、言いますから」

「絶対怒らないで・・・あなたが来る前の話だからね、あなたが来る前、一回○○さんと寝ちゃった」

○○さんは課長の名前。
唐突過ぎて一瞬何を言われたのか、分からなかった。

女は淀みなく言い切った。

自分の中で言葉を反芻してるうちに、ズッキューンって胸に風穴が空いている事に気付いた。


めちゃ混乱して、すぐ怒りが込み上げて、帰ろうかと思った。
遊び通り越して好きになり掛けていただけに、悔しくて落ち込んだ。
悶える俺の事を見つめる女と目が合って、決めました。
最後にもう一発、めちゃくちゃにしてやろうと!

「ふざけろよ、既婚者だぞ」

「ごめんなさい!飲まされて」

その日結局のところ朝までに5回もした。
腹立たしいけど捨てるのはいつでも出来るかって思い込んで
朝フェラで起こされた時はこいつと結婚しようと割と本気で思ってました。




とりあえず今日はここまで読んでくれてあんがとさん。
こんなんでも読んでくれる人居たらまた続き書きます。


 shanairenai
オフィスで内緒のエッチなお仕置き~本当にあった濡れる話~

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

カホファンの方からの質問・リクエストにちょっとだけ応えます(公開)

>>>奥さんスナップ
もっとアップして下さい。
出来れば盗撮とか録音したりとか、ハメ撮りなんかだと最高です。

>>>あと失礼ですけど類似AV女優いたら教えてくださると



ありがたいメッセなんですが・・・

まずハメ撮りは無理っすw
録音はお出掛けした妻のバックに入れて試しましたが、その時は全く録れなかったですね。
スナップは頑張りたいと思います、、、ですがLINEのスクショとかのが興奮すると思います。
泳がせた後の妻LINEは半端ないと思いますよw


AV女優で言うと、もう引退してるかもしれませんが橘美穂という女優は身体の雰囲気、色素が薄い所や乳輪wも似てました。
タレントで言うと、真鍋かをりとたまに大塚寧々ですね、大塚寧々と言われると本人喜びます。
いやしかし旦那目線ではあまり似てないですよ!似てるって言われたのも本人経由でしか聞いたことないですw

あと類似だと、ジャンル別ですが、小悪魔系の篠田ゆうとか本田莉子(2人ともメジャーなので参照なし)とか、ムチムチ感の桜花りり、ヤリマン系の小西那奈とか昔紹介しましたね。
妻は小悪魔だし、ムチムチだし、ヤリマンなんでw

素人系では三井カンナの流されやすいノリの良さとか


篠原ゆいに関しては顔のほくろの位置がドンピシャなんですよ、離れ乳具合も似てますw

篠原ゆいのほくろ

ほら


そんな感じです。
今後とも宜しくお願い致します。


続きを読む

テーマ : 素人
ジャンル : アダルト

年下セフレくんの作り方、まずは誘い方。

年下の男を誘ったことがある女性、または自分の奥さんや彼女に誘わせたことがある方のお話が聞きたいと思います。


自分だったら見た目年齢35歳以上くらいの人にはちょっかい出しにくくなると思うので


妻が下心有り有りで誘われなくなったら、どんな風にアプローチさせたりしようかなぁ・・・


なんて、近い将来の楽しみですw


年下セフレくん

テーマ : アダルト総合
ジャンル : アダルト

ネトラセの妻とか、名作を

ネトラセの妻 

黒木秀彦の新作です。
今回も良い脚本でした。
このペースで作品を出し続ける黒木秀彦って本当にすごい。



とろとろ、とろとろ

あさぎ龍のお姉さんもの
この人の人妻ものもっと見たいのに、なかなか描いてくれない。
フェチじゃないんですね。
くたびれた女性描かせたらぴかいちだと思います。





あとは動画で
愛する夫のため、私が一度だけ我慢すれば…
の松下美織版が名作の予感です。
近々チェックします。今から楽しみです。




妻の職場を覗く夫 

趣味が一つ増えました。

それは、

妻の職場で仕事中の妻を観察する事です。

スリルと興奮はなかなかのものですが、絶対にバレてはいけません。
現状まだバレてはいません。

妻はとある大型店舗で店内スタッフさんとして接客や在庫管理などしてます。
格好は下がストレッチ系のパンツで上がワイシャツ、その上に名札付きエプロンしてます。
夏でも冬でもこの格好らしいです。
髪型は最近は前髪有りのボブが少し伸びかけてきた長さでたまに纏めたりしてます。
色はちょっぴり暗めブラウンです。

接客態度は持ち前の人懐っこさも活かして、結構完璧なのでは?とアホ夫は思っております。
仲の良さそうな女性スタッフさんは何人か居そうですが
今後何か有りそうな雰囲気?の男性スタッフやお客は現状まだ確認出来ていません。


妻の職場を覗きに行ったとある日
昼間は昼間で
職場の妻を見つけて
「俺の嫁っこの笑顔可愛いなぁ〜」
「俺の嫁っこやっぱ愛想いいなぁ〜」
「俺の嫁っこ肌綺麗だなぁ〜」
変質者な夫は物陰から惚気て覗いて居ました。




夜は自宅で晩酌していて、結構酔って
先程まで一緒に飲んでいて今はキッチンで作業する妻をカウンター越しに眺めながら
働く妻とキッチンに居る妻とのギャップを味わい、惚れ惚れした顔に俺はまたなっていた・・・らしい。

その事は妻に突っ込まれて気が付いたんです。

妻は照れ笑いして嬉しそうでしたが


そのアングルから妻を見ていて
俺は遥か昔のあの頃を思い出してしまう。

あの時のキッチンを思い出してしまう。

あのやろーと妻との歴史。

昔、練習帰りにうちに寄って、あのやろーがキッチンに居る妻へちょっかい出し始めて
最初軽いノリで余裕そうにあしらってた妻だったが
身体を触られて、俺に見られて、
ずーっと乳揉まれているうちに
凄い色っぽい声漏らし始めて満更でもなさそうになって来たから

目の前で見ていた俺はなんか変な汗が出てきて、慌てて止めさせたっけ。

確かにあの時、がっつり乳揉まれてた。
その時とちょうど同じアングル。

俺はそんな記憶を引っ張り出しながら、
喉奥がキュッと窄まりそうになったので
缶ビールを煽って飲み干した。
気付いたら息も少しだけ荒れ始めて、疼いて欲情してました。
悔しいながらも勃起してしまっています。

完全な発作です。
NTR系発作。

再び真の変質者と成った俺はキッチンへ侵入し、

俺「今やんなくてもいーじゃん?」

と言い、洗い物を中断させようとした。
「あの頃、あの時」よりも無防備な格好で家事をする今の妻。
「あの頃、あの時」は急な来客のために薄い化粧をし、ブラジャーも装着していた。
今は身体のラインにフィットする小さめなタンクトップに
少しだけ生地がくたびれた薄手のカーディガンを羽織っている。
間違いなくノーブラだけど乳首は浮いていない。

その代わりではないけれど、下半身のイージーパンツのお尻には若干下着のラインが浮いている。
時々妻はこのような格好のままマンションのゴミ捨て場まで降りて行くことがある。

果「ちょっとゴミ捨て行ってくる、・・・から5分くらいしても戻らなかったら、心配してっ」
なんて言って笑って出て行くから、ガードが低いのは妻も自覚しているんだろう。

ガシゴシガシゴシ・・・
果「これ取れないんだよなぁ〜」

フライパンを洗っている。
皿にもカレー粉の色がこびり付いてしまっている。
結構力を込めてスポンジを擦る二の腕と胸がタユタユと弛んでいる。
洗い上げで乾き切っていない髪も小刻みに揺れている。
ぷわーんとシャンプーだかトリートメントだかの香りが漂ってくる。
俺と付き合って飲んだ一杯が効いて頰も赤らんでいる。
力んで横顔から突き出している下唇も愛らしく見えた。

俺は「ごめんごめん」とへらへら戯けながら背後から妻を抱き締めた。
謝ったのは俺が汚したフライパンと皿を洗ってくれているからなんだけど。

彼女の柔らかい髪が俺の鼻をふわっと包み込んだ瞬間
ズキーンと鼻に入ってきた香りによって疼きに疼いていた性欲が一気に弾けた。

むんずっっと思いっきり胸を揉みまくった。
いつもより力を加えて揉みまくった。
本当に柔らかい胸の重さを感じながら兎に角揉みまくった。

俺は目をつぶって
「あの時」にあのやろーがした乳揉みを越えようと思った。
まるで嫁が揉まれまくったあの時間を取り返そうとするかのように遮二無二揉みまくった。

目をつぶっていると、
「あの頃、あの時」のビジュアルが鮮明に回想できる。
「あの頃、あの時」とは妻の髪型も体型も若干変わったところはあるだろう・・・
「あの頃、あの時」はFかGカップ有った胸も、今はせいぜいDとEの間ぐらいか、
「あの頃、あの時」は奴のために軽く香水的なものも纏っていた気がする。
「あの頃、あの時」の妻の言葉、息遣い。
「あの頃、あの時」奴の愛撫によって変えられた妻の表情。

股間もめっちゃ充血して臀部に押し付け、擦り付けていた。
俺は薄眼を開けて、妻の表情を見た。
妻は微笑んでいた。
なにかまるで子供をあやすように、たしなめるような事も言っていた気がする。
その彼女の微笑みが
どこかまだ余裕な素振りに見えて、更に俺はカァーーーっと頭に血が昇ってしまった。

彼女の顔を自分へ向けさせて、唇へむしゃぶりついた。
強引に舌を突っ込むと、笑う彼女の前歯を舐める格好となる。
それでも彼女は笑い続けている。
俺は構わずに、前歯と歯茎まで舐め尽くす。
陶器のようにツルツルとした前歯を舌先に感じ、先程まで飲んでたビール麦芽を微かに味わえたっけ

果帆は「ん〜ん〜」と言いながら泡の付いた手の平で俺に触れない様に肘で押し返してくる。

果「・・・凄いよっ、どしたっ?・・・はははっ」

俺の唾だらけになったその口元を見て、俺も自分の突発的な行動が少し可笑しく思え
羞恥心にも襲われた為、顔を隠す感じで彼女の後頭部に潜り込み、再び背後からの抱きつきを強めた。

俺「・・・そろそろ」

果「・・・ん?」

俺「・・・」

モミモミモミモミ・・・

果「なに、なにぃ〜?ん〜どしたのパパぁ?」

甘く鼻に掛かった声も最高に淫靡で本当にいいオンナだ、と俺は思った。
ノリが良いだけと言ってしまえばそれまでだが
会話も楽しいし、甘えさせてもくれる。
彼女は手の泡を水で流し、布巾で拭くと俺の頭を撫でてくれる。

あの頃は軽く香水もつけてたっけ
でも今の自然な香りも好きだ。
髪の毛の中の空気を勢いよく吸い込んで俺は言った。

俺「・・・聞かせて貰おうっかなぁ〜」

なんだか凄くすーっとした。
躊躇っていたことを後悔する程
その時自分が心底「聞きたい」って思っていた事に気付かされました。

カーディガンがずり落ちている。
そこから覗く白い肩が上下に揺れて、少し笑っているのがわかる。
それだけで主語が無い俺の問いかけを噛み砕き
夫婦の会話が成立した事を意味していました。

俺「・・・詳しくは、きいてね〜もん」

果「ふふっ・・・やっぱ聞きたかったんだね」

俺たちは和室へ移動し、間接照明を消した。
窓から射し込む街明かりが怪しく妻の白い肌を浮き出す。

妻がこっちを見ている。
色っぽい、こんなに妖艶さを備えた女だったっけ?
不意に見せるシリアスな眼差しにドキドキする、少し苦しく、唾を飲み込みにくく感じる。
本当にどうしようもない嫁好き期へと突入してしまったようだ。

「どこまで話したっけ?」

笑みを浮かべ、妻が語り始める。




こうして妻の浮気を白状させました。
させましたとか偉そうに言って、なんか妻に対して
上から目線で綴ってしまうかもしれませんが
実際のところ妻は完全に俺を操っているというか、尻に敷いてる状態かなぁ・・・ああ悔しい。
出会った頃よりも妻に興味津々な自分は可笑しいですよね。



事情聴取しながら気付いた矛盾点は根掘り葉掘り
本来、俺の前で嘘を付ききれなくって表情や態度に出る妻だから
言いにくそうに言葉を選んで居ればわかるし
何かを隠していればわかるし
時には酒を交えながら、時には性の快楽を与えながら、結構な期間を掛けて妻の証言を整理しました。
出来る限り掴めた「情事の流れ」
ここに記したいと思う、自分と同じようなNTR性癖者のお役に立てれば本望です。




妻の職場を覗く夫

続きを読みたい方はこちらのkindle版をどうぞ。
妻の職場を覗く夫

テーマ : 素人
ジャンル : アダルト

プロフィール

世界のNTR

Author:世界のNTR
大切な女(ひと)を寝取られた経験から、寝取り、寝取られ、NTRの世界の扉を開いてしまった34歳の男です。
詳細プロフィールはこちら
当サイトの記事をコピペ引用したサイトが多いですが
当サイトが「オリジナル」です。
基本的には週末更新なのですが、平日ゲリラ更新する事も有るので良ければRSS登録でもして下さい。
Twitterは@worldntrです。
メッセージも大歓迎です。

フリーエリア
FC2ブログランキングも参加してます。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
写真風サムネイルのリンク
Hな体験談まとめアンテナHな体験談まとめアンテナ

秘密のH体験談  ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ

萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集

エッチな秘密の体験日記エッチな秘密の体験日記

エピソードsexエピソードsex

官能小説.com官能小説.com

ギルゲエムギルゲエム

オナネタ専用エッチな体験談オナネタ専用エッチな体験談

萌えた体験談コピペ保管庫  萌えた体験談コピペ保管庫

正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め

女の子のエッチ体験告白女の子のエッチ体験告白

X-day
カウンター
RSSリンクの表示
カテゴリ
タグ一覧

寝取られ 人妻 NTR 巨乳 体験談 浮気 AV 色白 盗撮 フェラチオ 飲み会 不倫 果帆 エロ漫画 官能小説 飲み会に行く妻 天真爛漫妻 セクハラに堕ちた妻 ライトノベル レイプ 押しに弱く拒めない女 OL ナンパ エロゲ 調教 電子書籍 近親相姦 ながえスタイル 知花メイサ イケメンに狙われた女 黒木秀彦 寝取り 同人誌 アダルトノベル 風俗 香山美桜 若槻みづな 愛原さえ ベビーカー 許してしまう妻を許してしまう夫 ホテル ダイエット中に調教された妻 マッサージ 亜里沙 やきもちやきの社内恋愛 セクハラ 女教師 輪姦 横乳 篠田ゆう アタッカーズ kindle 後輩に見返りを求められて 欲求不満 カラオケ 呼び出される妻 泥酔 冴島かおり 熟女 嫉妬 日焼け 南せりな 結城みさ 露出 水着 若妻 磯山さやか チャラス吉村 視姦 シアリス 愛乃ゆな 篠田あゆみ 東タイラ 星野竜一 ストーカー セフレ 橘美穂 ハミパン 夫婦 メガリス 白ムチ gif 団地妻 スレンダー エロgif 奥田咲 由衣 温泉 中出し ママ友 胸チラ あな許 無防備 コスプレ 尋問 あさぎ龍 成田麗 とみの伊織 美乳 夫婦生活 子づくり 超人妻 舞ワイフ 巨乳妻 本田岬 七瀬あさ美 弓束ちはや ノーブラ メガネ 魔人ENZIN 彼氏の前で カトパン似 椿かなり 橘優花 加藤綾子 初音みのり 尾上若菜 気弱 クンニ コミック 母乳 南国 新妻  ショートカット 言いなり パイズリ オナニー カーセックス 寝取らせ 夜這い 修羅場 西野エリカ 汗だく 痴漢 薄着 エロCG 携帯 めぐり O157 清楚 家庭教師 義父 3P 義兄 それ妻 乳揉み H&ストック 由浦カズヤ 援交 フェラ 小鳥遊はる 流出 鮎川なお 柳田やよい 西條るり 千乃あずみ 大島優香 杏堂怜 ジャニーズ 本田莉子 JET映像 橋本マナミ 美里有紗 DQN パラダイスTV ヘンリー塚本 密会 昼顔 終焉 後腐れなく一発お願いされる妻 後腐れなく一発お願いされた妻 高樹マリア 林美紀 逢沢るる パート妻 BBQ 羽田璃子 木高かずみ 森高かすみ 真木ゆかり PIXIV 子供会でマイルドヤンキーに口説かれて 千家カゲロー Vadass 三井カンナ シロタクロタ 穂川果音 ゴルフレッスンで発情 佐山愛 ボディタッチ 石原佑里子 佐野あおい 三上キャノン VR作品 社内恋愛 篠原ゆい 瀬田奏恵 VR 花崎杏 夏井亜美 山口真里 Vシネマ 愛妻家 伊東真緒 吹石一恵 麻生夏子 原望美 合コン 北川エリカ 鈴村あいり 相沢しいら 子育て 都合よくおかわりされた妻 元彼にのめりこむ妻 下着 プチ寝取られ 山口優香 椎名まりな 陵辱 椎名理紗 都合良くおかわりされた妻 それでも妻を愛してる 佐伯春菜 波多野結衣 木下若菜 絵魔 maika ネトラレーゼ 木村まりえ 倉多まお ヤリ部屋 木下あずみ 寝取り盗撮 パートタイマー SNS コミケ 結婚生活 しゃべくり007 ダウンタウン 芸能界 gifアニメ 溜池ゴロー 海女叔母さん 宮本沙織 非モテ 元彼 許してしまう妻 中村昌也 矢口真里 貸し出し妻 おんぼろ月 勃起不全 この世界の扉を開く 池田美和子 荒井啓 隠れNTR 御手洗佑樹 人妻落とし DMM 寝取られ属性 診断 生保レディ 

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR