FC2ブログ

許してしまう妻を許してしまう夫 その5

夏のコテージ最後の夜

自ら覗きを白状して、皆から飲まされるタクジでした。
俺はそれを見て笑って居ましたが、徐々に自分を取り巻くアンタッチャブルな空気感に気付く事になるのです。
アンタッチャブルな空気感とは
まさに俺が触らぬ神に祟りなし的な存在にされていることです。
つまり
ユカさん以外(果帆、コウタ、タクジ、ルミコ)の4人が昨夜の騒動の顛末を俺から隠そうとしていると悟りました。

最初俺は割と冷静な頭で、情報を引き出しに掛かりましたが
なんとなく濁してうやむやにされ続けていました。

このままでは堪忍袋の尾が切れてしまうかもしれない・・・そんな矢先
ちょうど、潰されかけたタクジが「へんぱーい」と言って果帆へグラスを渡した時でした。

ユカ「もうやめときー、昨日みたいな事なるき」


・・・

果帆以外の3人の笑顔が消え

隣に座っていたユカさんが昨夜の話を蕩々と聞かせてくれました。

要は、
  • 自分達が調子に乗ってノリの良い果帆に飲ませ過ぎた事。
  • 男達が果帆に対して皆の前で破廉恥な要求もした事。
  • そして果帆と全員がキスした事。

既に半分把握していた事実でしたので、驚きのリアクションは取れなかったが
俺は果帆を睨みつけていた。

しかしながら果帆は余り反省の色は無いようで、屈託無い笑顔のまま
まるで「なんで怒っているの?」と問われているかのようだった。
釣られて笑わないようにこっちも必死です。

俺「果帆!何してんだよ!?」

果「えぇーーー!?」

首を傾げただけで笑顔が消えない。

ルミ「チュッって触れただけのヤツだよ、ねっ!?果帆ちゃんっ!?」

果「そー、そーなの・・・」

俺「挨拶と変わんないとか言うなよ?」

果「んんん、ごーめーんー」

コウ「俺ちゃんごめんな、その後だけどな、皆で俺ちゃんにキスしに行こうって言って部屋行ったんよ」

ルミ「そーチューして起こそうって」

ユカ「何それ!?私知らない」

コウ「いや、行ったんよ、結局俺ちゃん思いっきりうつ伏せ寝してて戻ったんだけどね」

ルミ「ははっそうそう」

タク「や、あれは裏返してもヤる派やったよ、俺は」

一同「笑」

コウ「あれ、止めたん誰やった?」

ルミ「はい私・・・」

タクジに飲まされかけるルミだった。
少し笑ってしまったが場の話題がこれで収束してしまうのは避けたいのでゴネる俺。

俺「駄目じゃん!俺だけ仲間はずれじゃん!!」

一同静止、俺は言葉を続ける。

俺「駄目じゃん!コウタさん、コウタさん!俺もユカさんとチューすっかんね!?」

コウ「へっ!?」

果「えぇーーー!何それーーー!?」

俺の隣できょとんとしているユカさんの反応を気にする事無く、
神前式でよく有る「誓いのキス」の様なキスをしてしまいました。
ギャラリーと化した4人は大人しく見ていたのだが、キスした後。

果「は〜〜喉渇く〜〜〜」

と向かいのソファで前屈みになった果帆が潤んだ目で俺を見ていた。
隣のコウタさんも血圧が上がって上気した顔色になっており
ユカさんも目を閉じてキスを待つ姿勢を取っていたのが意外だったのではと思います。

その後も俺の暴走は止まらず
タクジの抗いをはね除けてルミコとも「誓いのキス」をした。
結局は旦那2人の反撃に遭い
旦那2人に「お口直し」として俺自身が唇を奪われた事はご愛嬌。

俺1人が暴走している所を、暖かく楽しい雰囲気に戻して、結果楽しませてしまう。
タクジコウタ兄弟の土佐仕込みホスピタリティ精神には脱帽でした。


そんな騒動の中、翌日には帰路に着く我々だった。
結局タクジと果帆のトイレの件は聞き出す機会を逸してしまったが
タクジとも連絡先を交換したので携帯を介して聞き出す事にしました。

そして帰りの特急列車でした、車内でコウタさんとの会話。

コウ「・・・あれ、会社で大丈夫?」

俺「いや・・・俺もそう思ってる」

非常に凝縮されたやりとりは、通路を挟んだ座席でママ同士飲んでいる
果帆、ユカさん、ルミコを見ながら交わされた小声での会話であります。
果帆にフォーカスが当たった会話で有ることは言わずもがなですが。



・・・

夏のバカンスを過ぎて、しばらく経った頃

案の定、全然大丈夫じゃなかった会社の試食会。

俺がソファの上で微睡んで、深く眠ってしまうことは日常化している事なのですが
土曜日の夜、妻の帰りを待っていたその日も例外無く眠ってしまったらしい。

リビングのドアが開き、寝惚け眼で妻の帰宅を知った。
妻はスーツのジャケットをハンガーに掛けながら俺に「ただいま」と言った。

俺はなんとなく返事はしたと思うが
壁掛け時計を目にするとまだ23時前でした。
特に遅い時間まで飲んでいた訳ではないし、口うるさく注意する事も無いな、と判断し再び微睡みの世界へ誘われてしまったのですが

より深く眠りの世界に居る深夜、再び妻に呼び醒まされました。
それは毎日の目覚ましがそれだったら・・・という理想の起こし方。
中学生の頃は、毎朝奥さんにそうやって起こして貰えたら幸せだろうと本気で妄想したものでした。
いつの間にかボクサーブリーフの前ボタンが外され、咥えられていたのです。

俺「あーーー、んなにやってんだよぉーーー、やめろよーーー」
などと心にも無い台詞で対応します。
そうすると妻の悪戯心に火が付き、止めない事を知っているからです。
目論見通り、妻は行為を続けます。

果「じゅるっ、じゅじゅ、じゅるっ、・・・・」

俺は息が乱れる程興奮して来ながらも、在る事に気付きました。
悪戯レベルのちょろちょろっとしたフェラではなく、
やたらと情熱的な、ねっとりとした、それなのです。

果「ん、ん、ん、ん、ん、、ん、」

肉棒を吸い上げる音に混じり
お互いを盛り上げるような喘ぎ声も加わり
妻が発情していることは明らかになりました。

以前、かなり昔ですが、
OL時代、会社でセクハラされて帰宅するとこのように感情的な口淫をしてきました。
送別会で遅くなった時などはそのまま俺の上に跨がって来た事もあります。
参照※セク堕ち空白

いずれの時も発情の理由が有りました。
俺は徐々に頭が熱くなり
惜しみながらもフェラを中断させ、発情の理由を聞き出す事にしました。



果「気づいてくれたぁ!?・・・流石パパ!」

お風呂上がりでまだ少し濡れ髪の妻は、
はちきれそうな笑顔を向けて、そう言いました。

果「今日ね、今日ね、鳩ぽっぽにお尻触られた〜」

俺「はぁ」

鳩ぽっぽとは、現在果帆が勤める会社の人で、確かお偉いさん。
果帆を派遣からパートに雇用抜擢してくれたから、俺が勝手にお偉いさんだと思い込んでいる。
いつもは名前に敬称を付けて話すが、今日は急に「鳩ぽっぽ」呼ばわりである。

俺「何、どうやって?」

果「こうやってる時、こうやって」

説明によると
飲み屋で、メニューを取ろうとテーブルに手を付いて、前屈みになって、無防備な後ろをポンッと触られた様です。


果「信頼してたのに〜」

俺「なんで、なんか嬉しそうなの?」

果「えー嬉しくないよー、悔しがってるよー」

俺「いや、まったくそう見えん」

果「悔しいし・・・悔しいし、あいつの言ったとおりでムカムカする」

俺「ん!?・・・やなやつの名前出さないでね」

果「あ、・・・はーい」

何故か急に表情が曇って見える果帆。

俺「あ、今日も送って貰ったとかやめようね」

果「やなやつに?」

俺「うん、やなやろーに」

果「ふふっ、もうパパにしか報告しませんからっ」

酔っ払ってテンション高いのか、親指を立てる妻。
俺が下着として認めていないブラトップを着てるのにめっちゃ可愛いく見える。
その仕草の寸前に一瞬、ほんの一瞬なんだけれど、妻が哀しい目をした気がする。
それは、キツい言われようをしたメールを思い出し再び傷付いたからなのか
それとも

・・・俺は胸の苦しさを紛らわすように話題を変える

俺「というか他に報告しなきゃな事が有ると思うんだけど?タクジから聞いたよ」

夏のコテージから帰京して、俺はランサー帰りにタクジを捕まえて話を聞き出すことが出来て居ました。
タクジとトイレの話です。

では、先ずは果帆の言い分から

果「ごめんなさい」

俺「何で謝るの?てか覚えてないって嘘だろ?」

果「・・・」

俺「全部聞いちゃったもんね」

果「え、何て言ってた?」

俺「いや言わない」

果「あたし本当覚えてないんだもん」

俺「じゃあなんで謝るの?」

果「・・・」

俺「タクジ、やることやったって言ってたよ」

果「はぁ!?」

俺「な?覚えてんだろ?話しましょうね、お果帆さま」

果「気持ち悪くてトイレ行ったの、それだけ」

俺「ごめんなさいって思ってないだろ?」

果「・・・」

俺「それに俺に報告しないでまた誰に報告してんの?」

妻がFacebook上で谷からオトコ絡みの報告を求められていた事を知っていました。
しかしながら夏のコテージ最終日には、俺からも谷へガツンと言ったので終息したと思います。
少々怒気を含んで投げ掛けたその言葉は
俺の中では妻に対するある意味ギリギリの挑発でしたが、それは功を奏しました。


果「吐いちゃえば楽になるよって言われて洗面所で背中摩って貰ってた」

果「でもあたし吐けないじゃん?」

果「吐けないからお茶持って来てって頼んだの」

果「口移しで飲まされたのー、それだけっ」

俺「へー飲まされた?」

果「うん」

俺「タクジからは、せがまれた、て聞いてるけど?」

果「えっ」

俺「飲ませてって言われたって」

果「言ってないっ!」

俺「な?覚えてんじゃん、あいつが嘘言ってるの?素直に話しましょう、お果帆さま」

果「言ってないと思う」

俺「ちゃんと話そう、じゃないと3者面談しなきゃならんし、喧嘩もしたくない」


身体も離れていてうじうじした様子、果帆を引き寄せる
決して分厚く無い俺の胸板の上では正直に告白したと思います。

背中を摩られて人肌恋しくなってしまった。
よく分からないけど性欲が刺激されてしまった。
最近飲むとキスしたくなってしまう。
ノリで口移しで飲みたいとせがんでしまった。

俺「しかもその時廊下に座ってたのに、コウタさんも来たのが分かると立ち上がって、トイレに入って、しかも果帆が鍵閉めたってさ、どっちが本当なの?」

果「本当だよ、ごめんなさい・・・」

俺「でその後は?」

果「チューしてましたごめんなさい」

俺「うん、結構抱きついたみたいね」

果「はい」

俺「でやることやっちゃったの?」

果「え、それ以上はもう本当にしてません、コウタさん来たし」

タクジの話していた内容が聞けたので誘導尋問終了
果帆は俺の脚の間で正座している。

俺「タクジと続きしたいと思ってたでしょ?」

果「思ってません」

俺「嘘だ」

果「嘘じゃないけど、飲むと最近おかしいの許して」

あっけらかんとしている、嘘は無いと判断しました。

俺「おかしいの知ってる、みんなに心配されてんぞ」

果「うん、ユカにも、ルミにもお母さんみたいに心配されてます」

俺「お母さん増えたね、ルミは年下なのにね」

果「うん、ちょっと嬉しいけどね、安心して、本当パパ以外とエッチしたいとは思ってないから」

俺「本当に誰とも?」

果「・・・」

またほんの一瞬では有ったが少し悲しそうな表情をみてしまう。
俺は狼狽し、苛立ち、間男の名前を出す

俺「谷とも?」

間男の名前を口にするだけで、なんか全身に痛みが走るようになってしまった。
俺の違和感を察するように果帆は無言で俺に抱きつき

果「あなたが言っちゃ(名前出しちゃ)ダメじゃん」

と言った。
果帆のFacebook友達一覧からもヤツの事は削除したみたいですし
自己弁護のようにそれを説明する妻だったが、俺は何処か信憑性を持てずに居たので
つい意地悪な事を言いたくなってしまうのです。

空気がしっとりしてしまったので話題を変える事にしました。

俺「・・・飲んでキスすんのもうやめような、男は勿論女にも、酒乱みたいだし」

果「酒乱てやだー!気をつけます」

俺「あとルミには内緒にしてくれって、タクジが」

果「そりゃそうだよー、あ、でもあなたもルミとしてたしー」

俺「あんなの触れただけだろ」

果「あれ以上は許さないもん」

俺「うわ、偉そ」

果「いー感じになったら許さないかんね、ユカとみたいにー」

俺「は?いい感じですか」

果「なんかでっれでれしないでって思ったもん、何回も」

こっそりキスしたことがバレてるかと思って心臓が跳ねたが
どうやらバレた訳では無さそうでした。

俺「わかったよ」

果「会社では(キス魔は)大丈夫だよ、心配しないで、あの人達みたいに飲める人居ないし」


・・・
このように結局は妻のマイペースに支配されてしまう我が家なのですが
年末ある事件が起こります。
つづく

こんな感じ如何でしょう?
趣味の合う人がいたら嬉しいです。
完全シロウト、応募人妻。 篠原ゆい
篠原ゆい
関連記事

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

立ち見A様

コメントありがとうございます!
今回選択作らなかったんですよ、前回の選択作って反応イマイチだったので
モチベーション低下していました笑
次回以降選択再考致しますので
またアイディア下さいね

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

終盤です
プロフィール

世界のNTR

Author:世界のNTR
大切な女(ひと)を寝取られた経験から、寝取り、寝取られ、NTRの世界の扉を開いてしまった34歳の男です。
詳細プロフィールはこちら
当サイトの記事をコピペ引用したサイトが多いですが
当サイトが「オリジナル」です。
基本的には週末更新なのですが、平日ゲリラ更新する事も有るので良ければRSS登録でもして下さい。
Twitterは@worldntrです。
メッセージも大歓迎です。

フリーエリア
FC2ブログランキングも参加してます。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
写真風サムネイルのリンク
Hな体験談まとめアンテナHな体験談まとめアンテナ

秘密のH体験談  ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ

萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集

エッチな秘密の体験日記エッチな秘密の体験日記

エピソードsexエピソードsex

官能小説.com官能小説.com

ギルゲエムギルゲエム

オナネタ専用エッチな体験談オナネタ専用エッチな体験談

萌えた体験談コピペ保管庫  萌えた体験談コピペ保管庫

正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め

女の子のエッチ体験告白女の子のエッチ体験告白

X-day
カウンター
RSSリンクの表示
カテゴリ
タグ一覧

寝取られ 人妻 NTR 巨乳 体験談 浮気 AV 色白 盗撮 フェラチオ 飲み会 不倫 果帆 エロ漫画 官能小説 飲み会に行く妻 天真爛漫妻 セクハラに堕ちた妻 ライトノベル レイプ 押しに弱く拒めない女 OL ナンパ エロゲ 調教 電子書籍 近親相姦 ながえスタイル 知花メイサ イケメンに狙われた女 黒木秀彦 寝取り 同人誌 アダルトノベル 風俗 香山美桜 若槻みづな 愛原さえ ベビーカー 許してしまう妻を許してしまう夫 ホテル ダイエット中に調教された妻 マッサージ 亜里沙 やきもちやきの社内恋愛 セクハラ 女教師 輪姦 横乳 篠田ゆう アタッカーズ kindle 後輩に見返りを求められて 欲求不満 カラオケ 呼び出される妻 泥酔 冴島かおり 熟女 嫉妬 日焼け 南せりな 結城みさ 露出 水着 若妻 磯山さやか チャラス吉村 視姦 シアリス 愛乃ゆな 篠田あゆみ 東タイラ 星野竜一 ストーカー セフレ 橘美穂 ハミパン 夫婦 メガリス 白ムチ gif 団地妻 スレンダー エロgif 奥田咲 由衣 温泉 中出し ママ友 胸チラ あな許 無防備 コスプレ 尋問 あさぎ龍 成田麗 とみの伊織 美乳 夫婦生活 子づくり 超人妻 舞ワイフ 巨乳妻 本田岬 七瀬あさ美 弓束ちはや ノーブラ メガネ 魔人ENZIN 彼氏の前で カトパン似 椿かなり 橘優花 加藤綾子 初音みのり 尾上若菜 気弱 クンニ コミック 母乳 南国 新妻  ショートカット 言いなり パイズリ オナニー カーセックス 寝取らせ 夜這い 修羅場 西野エリカ 汗だく 痴漢 薄着 エロCG 携帯 めぐり O157 清楚 家庭教師 義父 3P 義兄 それ妻 乳揉み H&ストック 由浦カズヤ 援交 フェラ 小鳥遊はる 流出 鮎川なお 柳田やよい 西條るり 千乃あずみ 大島優香 杏堂怜 ジャニーズ 本田莉子 JET映像 橋本マナミ 美里有紗 DQN パラダイスTV ヘンリー塚本 密会 昼顔 終焉 後腐れなく一発お願いされる妻 後腐れなく一発お願いされた妻 高樹マリア 林美紀 逢沢るる パート妻 BBQ 羽田璃子 木高かずみ 森高かすみ 真木ゆかり PIXIV 子供会でマイルドヤンキーに口説かれて 千家カゲロー Vadass 三井カンナ シロタクロタ 穂川果音 ゴルフレッスンで発情 佐山愛 ボディタッチ 石原佑里子 佐野あおい 三上キャノン VR作品 社内恋愛 篠原ゆい 瀬田奏恵 VR 花崎杏 夏井亜美 山口真里 Vシネマ 愛妻家 伊東真緒 吹石一恵 麻生夏子 原望美 合コン 北川エリカ 鈴村あいり 相沢しいら 子育て 都合よくおかわりされた妻 元彼にのめりこむ妻 下着 プチ寝取られ 山口優香 椎名まりな 陵辱 椎名理紗 都合良くおかわりされた妻 それでも妻を愛してる 佐伯春菜 波多野結衣 木下若菜 絵魔 maika ネトラレーゼ 木村まりえ 倉多まお ヤリ部屋 木下あずみ 寝取り盗撮 パートタイマー SNS コミケ 結婚生活 しゃべくり007 ダウンタウン 芸能界 gifアニメ 溜池ゴロー 海女叔母さん 宮本沙織 非モテ 元彼 許してしまう妻 中村昌也 矢口真里 貸し出し妻 おんぼろ月 勃起不全 この世界の扉を開く 池田美和子 荒井啓 隠れNTR 御手洗佑樹 人妻落とし DMM 寝取られ属性 診断 生保レディ 

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR