FC2ブログ

ダイエット中に調教された妻 その6 (完結)

後日
また谷と会って話しをする事にしました。



しかしながら
なかなか予定が合わなかったので
お互いに会社の飲み会を抜けて、別の居酒屋で合流したのです。
男女だったら完全に相思相愛ですねw
この頃から、谷と俺の先輩後輩の垣根はほぼ無くなり
谷はガチガチの敬語も無くなってました。
余談ですが
お会計も先輩風吹かせなくて済むのは誘いやすいです。

「とりあえずおつかれ〜〜」と乾杯

口火を切ったのは
谷「あれから、メールして無いんですけど、元気してますかね?」

俺「ああ、果帆ね、うん、相変わらずだよ」

谷「いやー、途中ホテル行く行かないでグダグダになった時はどうなるかと思いましたけど」

いきなり図々しい物言いに若干カチンと来たんですけど
谷も別の飲み会から結構飲んできたみたいだし、穏便にスルー

俺「いやいや、良く録れてたよ、あの後マヤちゃんとは大丈夫だったの?」

谷「 ああ、いや、急いで帰ったのにやっぱ疑われてる感じで、
夜中Hしたんですけど、なかなかイカなかったんで、それも、、疑われてるかも」

俺「あ、それ結構ヤバイかもね?マヤちゃん鋭そうだし」

谷「まーそれはそれでイイっす、俺はまだ結婚はしたくないし、別れるなら別れるで」

俺「でもまあ、これから続けるなら更に気をつけないとな」

谷「ああそうですね、てか果帆と遊びに行くと楽しいっすよ、マヤとは全然違う」

俺「マヤちゃんも自転車とか始めたんでしょ?2人お似合いだったよ」

谷「マヤは俺に合わせ過ぎるんですよ、無理やり、それでお互い疲れちゃう
果帆はね、もともと趣味も合うんでしょうけど、教えると素直だし、調教しがいあるっつーかw」

俺「そうだ、おまえ〜、趣味の前にフェラも仕込んでくれたみたいじゃねーか」

谷「あっ、ばれてました?すいません、マヤは全然してくれないんでw」

俺「してくれないの?なんか、マヤちゃんって掴みづらいなぁ、従順なのかもわからんわ」


・・・・
そんな毎度のヨタ話をしながら
しばらく飲んでて、脈絡は忘れましたが

谷「、、、でも、顔はマヤのが好きです」

という話になって、
また少しカチンきたので
俺は嫁の顔の方が好きだわ、マヤちゃんは濃すぎると言い返してしまった。

谷「あっ言いますね〜、マヤはすっぴんも結構可愛いんですよ〜」

俺「果帆だってすっぴん可愛いよ、お前見た事無いだろ?、一度見てみるか?」
とヒートアップして、そのまま谷をタクシーで自宅へと連れて帰ってしまいました。


その時刻、深夜2時前
果帆には仕事中から遅くなるので先に休んでるように言っておいたので
案の定、リビングとダイニングに薄く照明されてるだけで
果帆は寝室で寝ているようだった。

俺と谷は、深夜のサッカーの試合を見ながら
ワインを空けていたのですが
試合も終わると谷は果帆のすっぴんを見るついでに、夜這いしたいと言い出した。
やっぱりそう来たかと思いましたが
タバコと埃の臭い姿のまま寝室に入られるのは勘弁だったので
とりあえず着替え一式を貸して、風呂にも入って貰った。

入れ替わりで俺も入浴しましたが、
上がるとダイニングにもリビングにも谷が居ない!
TVだけ付けっ放しだったので居ると思って油断した。
急いで寝室へ向かうと、寝室のドアは開けっ放し、
すでにベッドサイドで果帆の寝顔を見入っている谷がいた。
少し安堵しました、まだ何もしていない様です。

果帆はパジャマ用の少しくたびれたタンクトップとパイル地のショートパンツ
で横向きに寝ていて、長い髪の毛は広がり、エアコンが切れているからか、うっすら汗を掻いている。
いつも通りノーブラでおっぱいも潰れて谷間が汗ばんでいるのがわかる。
肝心のすっぴんの寝顔を谷に見せるため、俺は手持ちのLEDランプを灯すと
果帆の眉間に若干の皺が寄るものの、起きない。
やはりそこそこイケるすっぴんだと思う、眉毛は薄いけどまつ毛は長いし
頬に少しのそばかすがあるのは色白だから仕方ない、及第点。

谷は何もコメントしない、ただ
ニタつきながら、勝手に果帆の身体を触り始める
太ももと背中を撫で始めると、 、、あれ?果帆の目がパッチリ開いてるw

果「ん、、な、に?」
低血圧な果帆はガバッとは起きないが、首だけ起こして

果「ん、なんで、谷くんがいるの?」

俺「飲ませすぎたから、泊まってって貰う」
と説明すると

果「はぁー、、じゃあなた、タオルケットとかぁ、だしてあげてねぇ」

と言ってまた、寝ようとする

谷「かーほーのすっぴん見にきたんだよ〜」

と谷が覗き込みながら声をかけると
長い髪の毛で顔を隠してしまい、反対側に寝返りを打ってしまった。
果帆は本気で迷惑していたと思うが、酔っ払い2人は更にしつこく
まず谷がベッドに乗り、 後ろから抱きつき
俺は2人を跨いで、正面から手を握った。

果「ちょっ、、もーやー」

と本当にしかめっ面で嫌がっているが
俺も制御出来ないほどドキドキして止まらない。
嫁に対してここまでムラムラしたのも久しぶりだった。

果「あーつーいーーーーはなれてぇーー」
と背中側の谷に言っているが、奴は果帆の髪の中に顔を埋めびくともしない。

俺はこの状況を望んでいたことは事実だが、彼女は睡眠を妨げられ
心底嫌がっている様だったので、一度果帆から離れ、少しでも快適にと思い
クーラーを入れ直し、また手を握った。
果帆は俺の事を、髪の毛の間から、睨んでいたが
この時すでに谷に胸を揉まれることを許していた、、

谷「果帆ーいっしょにねよーー」

果「や!」

俺はそんな2人のやりとりの表情を間近で観察し
谷の手のひらでグニュグニュと形を変える胸を見て更に興奮してきた。

果「んもぉーーーほんっとにやなのー」
とヒステリック気味に果帆が背中の谷に怒っている。

谷「あ、おこっちゃーやーよーーー」

とタチの悪い大学生の酔っ払いみたいな悪ふざけを止めず
更に襟元から大胆に手を差し込んで直におっぱいを堪能し始めた。
谷の攻めを見てると、本当におっぱいフェチだと思う、触っている時間が長過ぎる。

しばらくすると果帆は無言ではあるが
俺の手を握る力を強める
察するに不快感よりも快感が増えてきたみたい。

俺も目の前の痴態に興奮が勝ってしまい、半笑いの顔が引き攣ってたと思う。
勿論フルの勃起状態。
谷は次第に下腹部、腰、へと手をやり、ショートパンツの腰紐を解き
腰に手を回し、寝バックの体勢で股間を擦り付け始めた。
発情期の犬のように果帆のショーツの上で腰を振りながら

谷「つぁ〜〜ったまんねぇ〜」

目を閉じていた果帆は目を開け、髪の毛の隙間から
俺を見つめながら、

果「ねぇ、2人でするのぉ?」

俺「うん、いいでしょ?」と答えると

果「でもぉ、ないよぉ、あれ、」

俺「あれ?あぁゴム! 無いんだっけ!?」

谷「いいじゃん、生で」
乳と腰を揉みながら、生意気な事を言う谷に
生はダメだから、近くのコンビニで買ってくるように説得

谷「えーーっ!だるいっすよ」

とか、果帆にも俺にも失礼な事を言うので
毅然と、無理は無理、約束は約束、と一度冷静になって貰った。

谷「わかりましたよ、じゃあ行ってくるから鍵貸して・・」

俺「玄関の、、靴箱の上に置いてあるから、持ってって」

すごすごと谷は寝室を出て行った。


すると直ぐ果帆は俺のハーフパンツに手を入れ
ペニスを扱き出した、

果「ねぇ、しよ、今のうち」

俺もさっきまで
谷に蹂躙されていたおっぱいを強く揉み
舌を吸い、唾液を交換しあって激しく求め合った。
お互いの吐息で充満する部屋で、絡まり合う。
肩から胸を露わにして、乳首を貪り、吸いついた。
吸いつきながら、クリトリスを中指でヌルヌルにして、イカせようとしたら
腕を抑えられ

果「欲しい、もう入れよ」
と俺の愚息から手を離し、自分でショーツとタンクトップを脱ぎ捨てた。

俺も全裸になったところで
ふと果帆が俺の背後の方を見て、吹き出している。

振り返ると
寝室の入り口ドア付近に谷が下半身のみ露出したまま、
仁王立ちしてこっちを見ていた。

谷「・・・やっと気付いた」

と言いながら、自分のモノを扱いていた。
硬くはなさそうだが、俺のモノと比べると亀頭一個分は大きい。
亀頭自体もかなり大きめだった。

谷「つーか、俺居なくなった途端に始め過ぎ!気になって買いにいけねぇし」

果「買ってこないなら、マジでダメだよ〜w、ねっ!?」

俺はあ、ああと返事をしたが、谷のモノを実際に見せつけられて多少狼狽していた。

谷「じゃあ、口でお願いっ、今日は口でイイっ」

果「でイイ、じゃなくって、口がイイって言いなさい!w」

余りにフランク過ぎる妻の受け答えにゾクゾクさせられる。
まるで男2人を同時に手玉に取る淫売女のように見えた。
構わず俺と合体しようと
正常位で受け入れようとする、俺はほとんど萎えかけてしまったのだが
果帆の手に導かれ、挿入した。

果「はぁああああ、いいーー」

俺の柔らかいペニスにそこまで感じているとは思えない、明らかに谷への見せつけと察した。


しかし状況は一変し
柔らかい状態から、一気に硬直へ向かうのでした。

谷がベッドに上がって
果帆の顔付近へ、ペニスを持って行き
その大きい亀頭を振り子に、果帆の頬や唇を叩く

谷の要望を察した果帆は
トロンとした奥二重の目になり、俺を見つめながら舌を出して
谷の亀頭に愛撫を加えだしたのです。


これを見せられた俺のモノは一気に硬直して、激しく突くことが出来た。
既に興奮は絶頂に近かった、が早く発射しても悔いはなかった。
それぐらい凄い淫靡な光景を間近で見せられていたと思う。

果「んぁ、あ、あ、あ、あ・・◯◯〜、◯◯ぃ〜」

しかし
谷が果帆の髪を掴み、強引に口内へペニスをねじ込んだ時

「んご、ん、ふっ、んっ」
俺は見逃さなかった、妻がペニスに歯を立てないように
舌を出しながら、大きく口を差し出す瞬間を、、、
それに気付いた時は、膣内に発射してしまっていた。

谷「俺さん、イッちゃいましたね」
と谷が目配せしてくる。

果帆は正常位の姿勢のまま、目を閉じて分厚い下唇と舌で愛撫を続けている。
舌が口内でプロペラの様に
回転しているのがわかる。
果帆がノッている時のフェラチオのそれだった。

谷がベッドに仰向けになり、果帆が起き上がり奉仕を始めた。
谷「果帆、あれ、やって」

と俺を見ながらリクエスト、

果帆は両手で自分の胸を寄せ谷のペニスをはさんだ。
髪の毛で顔が隠れてしまうので、谷は果帆の髪を両手でまとめる。
果帆は体勢的にはやりにくそうだが、奉仕に専念していた。

谷「はは、果帆、お前眉毛が無いw」
と谷が水をさすまでは

果帆が照れてパイずりをストップし

果「wあーるーよーしつれーねー」
と言い返す

谷「てか、違うんだわ、して欲しかったのそれじゃなくて・・・」

果「え、これじゃないの?」

谷「俺、パイずりしてもらったこと無いじゃん!、、あれだよ俺が教えた、フェラ」

果「はは、、、あ、れね」

谷「wまったく、誰と勘違いしてんですかね!?果帆さまは」

と俺に賛同を求める谷


今俺が居る部屋で、いつもの夫婦の寝室で、他の男に奉仕する妻。
奉仕する後姿の背筋の窪みが淫猥で
毎日積み重ねていた、背筋トレーニングの効果を感じた。
発射したばかりの、愚息もみるみるうちに硬度を増す。

「ジュボボ、ボッ、ジュルッ」と音も動きも激しくしゃぶりだす果帆。

後輩のモノをしゃぶる妻の後姿は、、、
壮観だった。
俺は迷わず自分のモノをしごいた。

手を伸ばして果帆のおっぱいを、下から掬い上げるように堪能していた谷は
限界が近付いたようで、果帆の口内で果てようとしていた。
果帆が頭を振るペースが早くなったからだ。
ピストンしながら、「んふっ、うんっ、、、」と喘いでいるのも射精を促している。

「あ"〜」という小さい雄叫びと共に谷は妻の口内へ発射した。
初めて肉眼で見た妻の痴態、生の情報量の多さに圧倒され
俺は勃起して、へその方を向いているペニスを片手にただ立ち尽くしていると

果帆は突然立ち上がり、寝室を飛び出し、そして洗面所へ走って行った。
どうやら精液を吐き出しにいったようだ。

谷は大の字になって寝そべったままだったが、ようやく口を開く

谷「あ〜、よかったぁ〜、、、」

谷「あ俺さん、このままこっちで寝てもイイですかぁw?」

俺は勃起している気恥ずかしさにも襲われ、
慌ててハーフパンツを履きながら
俺「ダーメーだ、あっちで布団用意するからあっちで寝ろ」
と言って、リビングに布団を敷いてやった。

すると果帆が歯磨きをしながら洗面所から出てきた。
めったに着ないバスローブを羽織っている。
果「も〜2人ともなんなの〜w、あ〜、あご疲れたぁ、」と顎を摩りながら

既に布団に横になりタオルケットに包まった谷
谷「果帆ちゃん、一緒に寝よっか?」

果「谷くんとじゃ、休まらな〜い、じゃおやすみ〜」
と俺の腕掴んで洗面所へ戻る

口を濯ぎながら
果「も〜最初何事かと思ったよ」

(翌日は2人で出掛ける予定だったので)
悪い悪い、話の流れでさ、
明日起きたら帰らせるから、予定通り出掛けよう。
と話を落ち着かせた。

しかし
寝室へ戻りバスローブを脱ぐ果帆を見てると、
ムラムラが再燃し、身体を求めた。
すぐに組み敷いて正常位で突き刺し
言葉で後輩のをしゃぶったことを叱責しながら
バックで発射した、果帆は最後力尽き、ほとんどうつ伏せ状態で突かれていた。
放出すると、俺は満足感に包まれ
ピロートークも無いまま、既に明け方ということもあり、2人共眠りに落ちてしまった。


・・・どれほど眠っただろうか
目覚めると
カーテンの隙間から洩れる日差しは高い
しかし、、隣に妻が寝ていない、
状況を把握しようと枕元の携帯を見たら、AM10:00を回っていた。。


 


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

世界のNTR

Author:世界のNTR
大切な女(ひと)を寝取られた経験から、寝取り、寝取られ、NTRの世界の扉を開いてしまった34歳の男です。
詳細プロフィールはこちら
当サイトの記事をコピペ引用したサイトが多いですが
当サイトが「オリジナル」です。
基本的には週末更新なのですが、平日ゲリラ更新する事も有るので良ければRSS登録でもして下さい。
Twitterは@worldntrです。
メッセージも大歓迎です。

フリーエリア
FC2ブログランキングも参加してます。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
写真風サムネイルのリンク
Hな体験談まとめアンテナHな体験談まとめアンテナ

秘密のH体験談  ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ

萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集

エッチな秘密の体験日記エッチな秘密の体験日記

エピソードsexエピソードsex

官能小説.com官能小説.com

ギルゲエムギルゲエム

オナネタ専用エッチな体験談オナネタ専用エッチな体験談

萌えた体験談コピペ保管庫  萌えた体験談コピペ保管庫

正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め

女の子のエッチ体験告白女の子のエッチ体験告白

X-day
カウンター
RSSリンクの表示
カテゴリ
タグ一覧

寝取られ 人妻 NTR 体験談 巨乳 浮気 AV 色白 盗撮 フェラチオ 飲み会 不倫 果帆 エロ漫画 官能小説 飲み会に行く妻 エロゲ ナンパ レイプ 天真爛漫妻 押しに弱く拒めない女 セクハラに堕ちた妻 ライトノベル 電子書籍 寝取り OL 調教 近親相姦 ながえスタイル 黒木秀彦 イケメンに狙われた女 セクハラ 知花メイサ アダルトノベル 同人誌 風俗 香山美桜 ベビーカー 許してしまう妻を許してしまう夫 篠田ゆう 愛原さえ ホテル マッサージ やきもちやきの社内恋愛 ダイエット中に調教された妻 亜里沙 若槻みづな 若妻 南せりな 後輩に見返りを求められて アタッカーズ 女教師 横乳 結城みさ 冴島かおり 欲求不満 泥酔 カラオケ 嫉妬 呼び出される妻 kindle 日焼け 熟女 輪姦 水着 露出 白ムチ セフレ ストーカー 成田麗 橘美穂 エロgif gif 美乳 星野竜一 チャラス吉村 シアリス 嫁の既セクがうちに来た コスプレ 由衣 磯山さやか ママ友 スレンダー 篠田あゆみ ハミパン 愛乃ゆな メガリス 尋問 社内恋愛 無防備 胸チラ 団地妻 夫婦 視姦 東タイラ とみの伊織 あな許 あさぎ龍 奥田咲 中出し コミック 温泉 加藤綾子 巨乳妻 橘優花 子づくり カトパン似 夫婦生活 メガネ 生保レディ ノーブラ 弓束ちはや 七瀬あさ美 本田岬 魔人ENZIN 彼氏の前で 西野エリカ 絵魔 初音みのり 尾上若菜 椿かなり 気弱 母乳 クンニ 南国  汗だく 新妻 ショートカット 言いなり パイズリ オナニー カーセックス 寝取らせ 夜這い 修羅場 3P 義父 携帯 エロCG O157 めぐり 超人妻 H&ストック 痴漢 薄着 それ妻 義兄 乳揉み 家庭教師 清楚 舞ワイフ 子育て JET映像 本田莉子 千乃あずみ 西條るり 援交 フェラ ジャニーズ 大島優香 瀬田奏恵 篠原ゆい 羽田璃子 BBQ 杏堂怜 小鳥遊はる 流出 パート妻 逢沢るる 後腐れなく一発お願いされる妻 終焉 DQN パラダイスTV 林美紀 後腐れなく一発お願いされた妻 鮎川なお 柳田やよい 橋本マナミ 美里有紗 高樹マリア 三上キャノン VR作品 佐山愛 ゴルフレッスンで発情 ボディタッチ 三井カンナ 森高かすみ Vadass シロタクロタ 穂川果音 チャットストーリー pixiv 同人 漫画 NTRの世界 木高かずみ 真木ゆかり 愛妻家 Vシネマ 伊東真緒 花崎杏 VR 夏井亜美 山口真里 千家カゲロー PIXIV 子供会でマイルドヤンキーに口説かれて 石原佑里子 佐野あおい ヘンリー塚本 密会 都合よくおかわりされた妻 元彼にのめりこむ妻 合コン 原望美 鈴村あいり 北川エリカ 陵辱 椎名まりな パートタイマー SNS プチ寝取られ 下着 山口優香 三上悠亜 相沢しいら ネトラレーゼ 寝取り盗撮 maika 佐伯春菜 波多野結衣 それでも妻を愛してる 木下あずみ ヤリ部屋 都合良くおかわりされた妻 椎名理紗 由浦カズヤ 倉多まお 木村まりえ 池田美和子 この世界の扉を開く 溜池ゴロー 許してしまう妻 gifアニメ 結婚生活 しゃべくり007 コミケ 元彼 非モテ 吹石一恵 昼顔 麻生夏子 宮本沙織 海女叔母さん ダウンタウン 芸能界 荒井啓 隠れNTR おんぼろ月 貸し出し妻 勃起不全 診断 寝取られ属性 矢口真里 中村昌也 人妻落とし 御手洗佑樹 DMM 木下若菜 

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR