FC2ブログ

都合良くおかわりされた妻

妻が自分の知らないところで、、、「おかわり」されていました。

妻にはその事実を秘密にされ、俺の友人へ先に打ち明けるという屈辱。


今回は友人経由で明らかになった
その隠し事を白状させた時の話です。

・・・

確かに、過去に会社絡みのホームパーティーと言って
家を空けた日のことを思い出しました。

そのホームパーティーの開催地が営業部長の家というのは初耳だったし
それを最初から俺に隠す時点で確信犯的だ。
相手は妻と過去
身体の関係があり、
妻子持ちだった、
2人には仕事以外で関わるなと
あれほど強く言っておいたのに、


しっかり話し合い、果帆には反省して貰わなければならない。
しかし根こそぎ話して貰う為に、大前提として伝えた事。

「俺は果帆と結婚出来て良かったと思ってる
俺の知らない所でお前が浮気した事を知っても、
結婚した事を後悔していないし、むしろ果帆と付き合う醍醐味と思ってる。
ただ俺に隠し続けるつもりなら、話は別、、ちゃんと話せる?」


・・・

隠し事が明るみになった当日は
谷との情事の音データを聴いていて盛り上がっていたので
尋問で吐かせることにはなりませんでしたが


その翌朝
観念した果帆は徐々に話し始めました。
ほぼ谷に言ったとおりの内容で
第三者からすれば、すべて言い訳でしかないでしょうが
俺にとっては聞くことと、言わせることに意味が有るのです。

以下、果帆の言い分

そのパーティーには
同僚の山ちゃんに誘われていた。
果帆的には山ちゃんのお目当ての男も参加するので、恋のアシスト的なノリも有った。
俺に内緒にしていたのは無駄な心配をかけるだけだから、、と言い張る。
行くかどうか本当に迷っていたが、その日は俺に終日予定が入っている事を知って
参加を決めた。

その言い方が、まるで俺が予定を入れたせいだと言っているように聞こえ
腹を立てた俺は喧嘩ごしに強く怒りを露わにしてしまった。
「人のせいにすんなよ!この○リマン!」
思い出す度に酷い言葉を投げつけてしまったと後悔する
自分勝手な事をしていると自認している。
己が望んでいるにも拘らず、少しハメを外されるとへそを曲げてしまい
気持ちのバランスを失って相手を責めてしまう青二才だった。

閑話休題

俺の暴言に半ベソを掻きながらの果帆に話を続けさせる。

ホームパーティー会場へは
同僚の山ちゃんと山ちゃんお気に入りの男の車で向かった。
車の手配をしたのは果帆だ
世話好きの果帆らしい。

千葉の郊外にある森邸はとても広く立派で
20名近く集まった人が狭い思いすることなく楽しめた。
BBQで炭に着火する者、庭のハンモックやブランコで遊ぶ者
リビングでくつろぐ者、子供とゲームで遊ぶ者

果帆は奥さんとキッチンでBBQの仕込みや配膳を手伝っていた。
奥さんは気さくでいい人で、森と関係したことに罪悪感を持った。
食事も盛り上がってみんな騒いでいた。

ふと
森部長から、今後は海外の姉妹会社へ単身赴任することになりそうだと
いう急な発表があり
みんな寝耳に水な話だったので、ざわついたが
果帆は依願退職が決まっていたことも有り
どこか蚊帳の外にされている空気だった。

居た堪れなくなり、食後は1人ハンモックで休んでいると
森部長が近寄ってきて、小声で
「果帆、今日は来てくれてありがとな」
「あ、、いえ、、すごい住まいですね」
たまに会社で会うとピリピリしてた印象しかなかったが、久しぶりに話をしたら優しくて戸惑う果帆。

「どうだ、新婚生活は?」
「ははは、あまり変わらないです」

・・・
2人でこそこそ話しているのが 気になったのか
店舗の女性社員が、(森がsexしたと言っていた社員)
すっかり酔っ払って森にしなだれかかって来たので話も終了。


山ちゃんは無事?お気に入り男と一緒に車で帰った。
果帆は森の提案も有り、森の車に3名で便乗させて貰った。
店舗の女性も一緒だった、すでに泥酔状態だったので、
かなり迂回ルートだったが、先にその子を自宅まで送った。
その次に果帆ともう1人の男性社員が近くの駅に降ろされた。


電車に乗って、その男性社員と帰っている時
ふと携帯を見るとメールが入っていた。
送信元は森部長だったので、隣の男性に気づかれないようにした。
「2人で話がしたいので、○○○駅で降りてロータリーに来て欲しい」
既にその駅は通り過ぎていたが、男性社員には旦那から連絡が有ったと言い
次の駅で降りて、Uターンして会いに行った。


着くと車の中で
会社が依願退職を募った時に、果帆が名乗りを上げてショックだった
どうしても残れないか?
と諭された

果帆は質問にはまともに答えず
以前出張先でレイプしたことを卑怯だと責めた。

さっき泥酔した女子社員に対しても、明らかにケア不足で見ていて可哀想だよ

果帆は事情を知ってしまっていたので惨めで切なかったらしい。


車という密室ということもあってか
少し酔った勢いで
ずっと言いたかったことも言えて
涙がボロボロ出てきた。

手を引かれ
いつの間にか
抱きしめられて泣いていた。

「初めて見た時から好きだったんだ、許してくれ、、、」
と初めて謝罪の言葉を引き出した。

不本意に泣いてしまったので、取り繕うように笑ったら
森が顔を近づけてきてキスされ

旦那は今どうしてる?何時ごろ帰る?
と聞かれ、そのまま高速道路出口付近のラブホテルに連れて行かれ

そこでしました。

罪悪感とかはどうしたの?
「んーーなんか、好きだったとか、謝罪の言葉で、ふっとんじゃったみたい」




・・・

そんな天真爛漫な
果帆も流石に素面で
sexの中身を話すのは恥ずかしいと言うので
俺も果帆もお互い会社へ午前半休の連絡を入れ
裸になり、Hしながら話することにしました。

始める前に
盗聴した音データを2人で聞きなおそうと思い
パソコンも立ち上げましたが、
お目当てのファイルが入ったフォルダがどこにも見当たらない。。。

詰めの甘さは自認してますが
即バックアップを取らなかったことは迂闊でした。
こっそり果帆に消されていたのです。
恐らく一緒にモニタを見ている時に在り処も見られていたのでしょう。
そのことで喧嘩にはなりませんでしたが、
果帆には罰として、俺には浮気を許したご褒美としてw

後日
浮気の再現ドライブをして同じホテルに入りました。

改めて妻のエロさに思いっきり興奮しました。
そこでまた新たに判明したことも、、、


どこから再現したかと言うと、当日の服装はもちろん
森が乗っていた車をレンタカーで借りもしました。
ホームパーティーの日は森の奥さんが大型車で別の人達を送っていて、
森は普段奥さんが乗っている軽自動車で果帆達を送ってくれました。

俺も○○○駅付近で軽自動車を借りて、そのままロータリーで待ち合わせ
家を出る前にビールと焼酎を飲ませていた果帆が到着し
実際少し照れ臭そうに車に乗って来ました。
目の前に居る自分の妻が、こんな風に自然に抱かれに行っていたのか、、、
ぽってりと厚く、グロスで艶やかに潤った唇を見つめてしまう。
この時、俺にも照れが有ったので、台詞を台本通りに言う事は出来ず
ただ腕を引っ張り、性欲に任せて唇を塞ぐ、果帆の吐息のアルコール臭は濃い。
グロスに果実的な味が付いていて、アルコールと混ざり合い淫靡なカクテルの様だった。

同じ味を他の男にも味合わせたと思うと、股間の硬直は早くも最高潮に
途中から舌を絡めてくる果帆、、、森の時もそうしたんだろうな、、股間が脈を打つ。

車を発進させ、ホテルへ向かうと
「足触って」
それは?実際にも言ったの?
「ううん、勝手に触られてたw」
でも拒まなかったんでしょ?
「うん、サービスw」
サービス得意だよね〜w

シリアスになりそうな空気を照れ隠しでごまかすところが果帆らしい。
レギンスパンツを履いている太ももを鷲掴みしながらホテルへ

そのホテルは郊外ということもあり設備が豪華だった。
同じ部屋も空いていた、エレベーターの中でどうするか指示してねと言うと
憎らしいほど屈託のない笑顔で

「じゃぁ、、部屋に入ったらぁ、靴脱ぐ前に、、襲って貰える?」

少し上目遣いで挑発してくる
単純に挑発に乗ってしまった俺は
部屋のキーを開け、先に果帆を通し、ブーツを脱ごうとする果帆の背後から
欲望をぶつける
背中に覆いかぶさり、耳元で
こうか!?こうやって迫られたのかっ!?

カーディガンをずらし、肩を露出させ、肩に舌を這わす
「ち、がーぅ、そんなのされてなーぃぃ」

「前から、正面から、だ、よ、、もぅw」

振り向き、微笑みながら俺の首根っこに手を回し
大きく口を半開きにして舌を見せたまま顔を近づけてくる果帆。
興奮に身を任せ貪るようにキスをする。
果帆もノリノリで舌を吸ってくるので実際もそうしたのか、今の興奮がそうさせてるのか
その思惑狭間で股間の脈打ちが止まらないが、唇を離して次の指示を求める。


「ちょっと待ってぇ、、って言ったんだけどぉ、、時間無いからって、、、脱がされちゃった」

「そのチェストに脚を掛けさせられ、、、舐めて」

片足立ちの果帆の足元に
跪き股の間に顔を埋め、クリトリスも露出させ、舐める
下から果帆の表情を伺いながら

部長のクンニでも感じちゃったんだぁ?
とあえて露骨な言葉で虐めると

「そう、、、なんかぁ、、最近○○、あんまり舐めてくれないじゃん?、、感じちゃって」

確かにそうだ、以前はHの度に必ず舐めていたのに、今はしない方が多いな
マンネリに流されていた、、気をつけなければ
と自らを省みる羽目になった。




後半へ続きます。

その後、果帆にベッドへ誘導され
攻守交代。

俺は果帆のフェラを堪能しながら
ホテルの豪華な設備を眺め、ただ感心していたのですが
コードレスのデンマが常備されているのも驚いた。

俺「これも使った?」
フェラをしながら微笑みコクンと頷く果帆。

ヘッド部分にはビニールが被せられてるが、おそらく同じデンマを使われてイったのだろう。

フェラを止めさせる事なく、デンマのスイッチをonすると

果「待って、ちゃんと再現するから」

自分の取れかけのブラを脱ぎ捨て、パイずりで奉仕を始めた。
やはり森にお願いされたみたいだった、
そうそう偉いね、ちゃんとやったこと報告してね、と褒めると

果「そんな果帆が好きでしょw?」

お、こいつ、、、調子に乗ったな、と
思ったら、一転

果「ねぇ○○、、、嫌いにならないでくれて、ほんとありがと」

と涙ぐむ瞳で見上げられ、今回の件でも、一瞬夫婦だけの絆を強くした気がした。
錯覚だろうけど


情を振り払うかのように、

俺「時間ない割りに、こんな長い時間奉仕してたんだぁ?」

とまたイヤミな言葉を浴びせると

果「ううん、こんな長くはしてないの、今は○○だから、、、楽しもw」

とまたパイずりを止めて、フェラに戻る
イヤミにも気付かず
微笑みながら咥えようとするのは無垢で可愛らしい。

愛してるという表現は浮かばず。

ほっとけない。
側に居たい。

と率直に感じたのを思い出します。

その後、横向きの69体勢になりデンマで刺激するとすぐに果帆は吹いてしまった。
「んん〜〜!!!んーーーーーー!」
咥えたペニスを吐き出すことなくイってしまう。

痙攣の引かない果帆を尻目に
ゴムを付けて正常位で挿入すると
喘ぎながら勝手に喋る果帆

果「森さんとね、、これが最後って約束しながら、したの、」

ウエストを持っていた俺の両手を自分の胸に持って行き、胸を揉ませる。
俺は悔しさと怒りでカーッとなりかなり深く指を沈めて揉みしだいた。


ゴムを付けているものの
長くは持たないと思った俺は興奮と勢いに任せて聞きたいことをぶつける。
俺「気持ち良かったんだろ!?」
俺「どうやってイったんだ!?」

果「う、ん、良かっ、、たの、、あーーあっ、あっあっ」

バックになっても
喋り続ける果帆

果「あたし、、も、最後って決めて、、、するの、初めてで、、燃えちゃったのぉ」

おそらく
果帆はその当時の快楽も思い出し、陶酔感がそうさせているのだろう
喘ぎ声も大きい、

果「○○、前、前から、して、」

また正常位になるのか、と体勢移動すると
女性座りになった果帆が

果「ねぇ、○○、、ゴムはずして、しよ、あ誤解しないでね、森さんとはしてないよ、、してないからね」


俺は、虚勢を張り
俺「ああ?、そんなの当たり前だろ、それにお前、もうあいつの事「さん」付けすんな!」

とか今更な
いちゃもん付けながらゴムを外す。


お互いに粘膜と粘膜でお互いを味わいながら再び合体。
俺はすでに発射が近いので少し動いては止め、動いては止めながら、ほとんど突けなかったが
それを見透かしたように
果帆は俺の耳に舌を入れながら、また話し出す


果「実はあの人は、バックで逝ったんだぁ」

俺「そうなの、果帆も気持ち良かった?」

果「うん、同時におもちゃでもやられちゃって、あたしもイっちゃったぁ」

俺「またしたい?」

果「ううん、しない、しないし、でも、前も、もうしないって決めてたけど、えっちな事思い出すことはあった」

そう言いながら想像しているのか、膣内がより狭まり密着してくる。

俺「浮気防止でうちにもおもちゃ買おうか?」

とだけ笑いで濁して、一気に突いた。

果「やーー1人でしちゃうかもっwあん、あんっあんっんっ、」

膣内で射精、
膣口から精液が溢れシーツに染みを作るまで
2人とも言葉なく、ぐったりしていた。

浮気の時は本当にすぐに部屋を出たらしいが
俺たちは豪華な部屋を堪能していくことにした。

湯船にお湯を張り、2人で浸かり
風呂を出て
部屋に常備されていたナノケアで顔に蒸気を当てる果帆

ふと
今回の再現ラブホをする発端となった
果帆と谷の暴露大会の話になり、
谷の秘密の方があたしより酷いと言い出す果帆。

要約すると
谷の暴露内容は
自分の恋人の親友と寝た。というものだったのですが

果「もし○○がそんなことしたら、殺すな」

とか過激な発言するので
俺「おいおい!こんだけ寛容な亭主によくそんな事言えるなwそれに果帆は今の立場わきまえなきゃ駄目w


果「ふふふ、、はーいw、、、、、、あっ!」

俺「なになにぃ?急にびっくりするじゃん!?」

果「これを機になんですが、もひとつ言っておこうかなw」


俺「なーーーんだよ!まだあんのかよ〜準備出来てないよw」

と言いつつも興味津々
でも何聞かされるか怖くなり、ガウン姿の果帆に後ろからくっつく

スチームを顔に受けながら、喋り始める果帆

果「へへ言ってなかったこと、、前の会社辞める時の送別会の時・・・」

俺「あ、憶えてる!果帆ベロベロになって帰宅した時の」

果「あの時最後カラオケで、ゲームみたいな事したの」

どうして会社の送別会でゲームなんかするんだ?と問い詰めると
取引先の方が1人居て
高橋が気を使って強引にゲームに持ち込んだらしい。

女3:男4のカラオケルーム
カラオケで点数トップが王様になるルールらしい。
ちなみに果帆は音痴w
果帆が当たった罰は

氷口移しとキス乳揉み10秒

同僚の山ちゃんはM字開脚させられ

もう1人は首筋を舐められていたようだ

詳しく聞くと、氷の口移しは相手が女だったが
キス乳揉みは取引先の男だった。
しかも10秒カウントダウンしながら「舌入れちゃえ〜」と野次が有り
残り5秒は舌を入れられたと白状。


果「まったく浮ついた職場だったよ」


締めくくる果帆に、十分興奮した俺はガウンの襟から生乳を求め手を入れる。
が話はそれで終わりでは無かった。

果「店出る前だったんだけど、高橋に空き部屋へ引っ張られたの」

俺「えっ!?」

果「俺ともさっきのしよ、とか言って同じことされて」

俺「なに?抵抗しなかった?」

果「したよ、した、ダメダメ〜って、でもエスカレートしてチャック下ろして出しちゃったから」

俺「え、マジ?」、、まさか、、血の気が引く

果「してない、してない、、抜け駆けはダメだよ〜って、ちゃんと接待しなきゃ仕事繋がらないぞって
そしたらね、おとなしくなったよw」

俺「本当かよ?」

果「でも、最後にお願いされて、本気のチューしてくれたら諦めるって」

俺「イヤイヤするなってこと?」

果「うん、当たり前じゃんね、イヤなんだからw」

俺「でも応えちゃったんでしょ?」

果「うぅ、、ちょっとだけw」

俺「・・・腹立つわ、どうせノリノリだったんだろ?」

果「でも数秒だよ、数秒、怒らないでっ」

俺「ボディタッチは?」

果「あぁ、お尻を両手で持たれたかもw、それくらいかな」


俺「それくらいか、でもそれだけか?、、本当にもうそれ以外無い?」

果帆は身を捩り半身になって上半身だけ俺の方を向いた

果「もう無いよ〜、信じて、もう本当にちゃんと言うから」

この時に
果帆に言われちゃったんですが
俺、やっぱり気難しいところがあるんだって
それで言うタイミングも合わないと結局言いそびれるってダメ出しされました。
確かに俺も反省する部分有るし、そこは直すねって歩み寄れました。


その後、自然に求め合いましたが、
挿入中の会話
森との情事も俺が誘導したようなもの、つまり俺が果帆を手のひらで転がしてるんだから
調子に乗るなよと言ったら

果「もうそれが気難しい〜w、あたしにどうなって欲しいのかわからない〜w」


・・・この頃までは
お互い笑顔の絶えないエッチが出来ていたのですが、、、
人生はわからないもんですわ



狙われた巨乳結衣
狙われた巨乳・結衣 後編 星野竜一
星野竜一氏の画にはチカラが有る。


 

余談として、
この帰路にドン○ホーテに寄って
大人のおもちゃを購入しました。
関連記事

テーマ : 寝取り、寝取られ話
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 待ってましたー

Jさま

するどいですね〜
流石です。

プロフィール

世界のNTR

Author:世界のNTR
大切な女(ひと)を寝取られた経験から、寝取り、寝取られ、NTRの世界の扉を開いてしまった34歳の男です。
詳細プロフィールはこちら
当サイトの記事をコピペ引用したサイトが多いですが
当サイトが「オリジナル」です。
基本的には週末更新なのですが、平日ゲリラ更新する事も有るので良ければRSS登録でもして下さい。
Twitterは@worldntrです。
メッセージも大歓迎です。

フリーエリア
FC2ブログランキングも参加してます。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
写真風サムネイルのリンク
Hな体験談まとめアンテナHな体験談まとめアンテナ

秘密のH体験談  ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ

萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集

エッチな秘密の体験日記エッチな秘密の体験日記

エピソードsexエピソードsex

官能小説.com官能小説.com

ギルゲエムギルゲエム

オナネタ専用エッチな体験談オナネタ専用エッチな体験談

萌えた体験談コピペ保管庫  萌えた体験談コピペ保管庫

正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め

女の子のエッチ体験告白女の子のエッチ体験告白

X-day
カウンター
RSSリンクの表示
カテゴリ
タグ一覧

寝取られ 人妻 NTR 巨乳 体験談 浮気 AV 色白 盗撮 フェラチオ 飲み会 不倫 果帆 エロ漫画 官能小説 飲み会に行く妻 天真爛漫妻 セクハラに堕ちた妻 ライトノベル レイプ 押しに弱く拒めない女 OL ナンパ エロゲ 調教 電子書籍 近親相姦 ながえスタイル 知花メイサ イケメンに狙われた女 黒木秀彦 寝取り 同人誌 アダルトノベル 風俗 香山美桜 若槻みづな 愛原さえ ベビーカー 許してしまう妻を許してしまう夫 ホテル ダイエット中に調教された妻 マッサージ 亜里沙 やきもちやきの社内恋愛 セクハラ 女教師 輪姦 横乳 篠田ゆう アタッカーズ kindle 後輩に見返りを求められて 欲求不満 カラオケ 呼び出される妻 泥酔 冴島かおり 熟女 嫉妬 日焼け 南せりな 結城みさ 露出 水着 若妻 磯山さやか チャラス吉村 視姦 シアリス 愛乃ゆな 篠田あゆみ 東タイラ 星野竜一 ストーカー セフレ 橘美穂 ハミパン 夫婦 メガリス 白ムチ gif 団地妻 スレンダー エロgif 奥田咲 由衣 温泉 中出し ママ友 胸チラ あな許 無防備 コスプレ 尋問 あさぎ龍 成田麗 とみの伊織 美乳 夫婦生活 子づくり 超人妻 舞ワイフ 巨乳妻 本田岬 七瀬あさ美 弓束ちはや ノーブラ メガネ 魔人ENZIN 彼氏の前で カトパン似 椿かなり 橘優花 加藤綾子 初音みのり 尾上若菜 気弱 クンニ コミック 母乳 南国 新妻  ショートカット 言いなり パイズリ オナニー カーセックス 寝取らせ 夜這い 修羅場 西野エリカ 汗だく 痴漢 薄着 エロCG 携帯 めぐり O157 清楚 家庭教師 義父 3P 義兄 それ妻 乳揉み H&ストック 由浦カズヤ 援交 フェラ 小鳥遊はる 流出 鮎川なお 柳田やよい 西條るり 千乃あずみ 大島優香 杏堂怜 ジャニーズ 本田莉子 JET映像 橋本マナミ 美里有紗 DQN パラダイスTV ヘンリー塚本 密会 昼顔 終焉 後腐れなく一発お願いされる妻 後腐れなく一発お願いされた妻 高樹マリア 林美紀 逢沢るる パート妻 BBQ 羽田璃子 木高かずみ 森高かすみ 真木ゆかり PIXIV 子供会でマイルドヤンキーに口説かれて 千家カゲロー Vadass 三井カンナ シロタクロタ 穂川果音 ゴルフレッスンで発情 佐山愛 ボディタッチ 石原佑里子 佐野あおい 三上キャノン VR作品 社内恋愛 篠原ゆい 瀬田奏恵 VR 花崎杏 夏井亜美 山口真里 Vシネマ 愛妻家 伊東真緒 吹石一恵 麻生夏子 原望美 合コン 北川エリカ 鈴村あいり 相沢しいら 子育て 都合よくおかわりされた妻 元彼にのめりこむ妻 下着 プチ寝取られ 山口優香 椎名まりな 陵辱 椎名理紗 都合良くおかわりされた妻 それでも妻を愛してる 佐伯春菜 波多野結衣 木下若菜 絵魔 maika ネトラレーゼ 木村まりえ 倉多まお ヤリ部屋 木下あずみ 寝取り盗撮 パートタイマー SNS コミケ 結婚生活 しゃべくり007 ダウンタウン 芸能界 gifアニメ 溜池ゴロー 海女叔母さん 宮本沙織 非モテ 元彼 許してしまう妻 中村昌也 矢口真里 貸し出し妻 おんぼろ月 勃起不全 この世界の扉を開く 池田美和子 荒井啓 隠れNTR 御手洗佑樹 人妻落とし DMM 寝取られ属性 診断 生保レディ 

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR