FC2ブログ

元彼にのめりこむ妻 その2


・・・自分から提案した話も忘れかけた頃
花見を兼ねて果帆の留学仲間3人がうちにやってくることになりました。
テラスから桜の木の上部が何本か見えるんで
果帆はそれを餌に誘ったみたいでした。


そこで果帆に元彼を紹介されました。

果「・・・でこちらが慎ちゃん」

慎ちゃんは背格好は俺と同じくらい、黒髪短髪で日焼けしてる。
服装とかも俺の持ち物かと思う程、似ている。
俺は精一杯の愛嬌で歓迎の意を表したつもりでしたが
やはり顔が少し引きつりそうになりました。

そんな俺をよそに
果帆と慎ちゃんの掛け合いが始まっていました。

慎「紹介が雑、雑w」

果「はぁ〜やっぱりなんか照れるぅ〜、、、慎二くんです」

と少し照れた果帆が首を傾けながら、俺の目を見て紹介し直す

・・・宴会後、テラスで煙草を吸う慎ちゃんを追って
やっと2人だけで話すことが出来ました。
他愛ない話をする中で、わだかまりに似た固形物も溶け、心が共鳴するものを感じました。
もしかしたら慎ちゃんも同じものを感じていたのか、俺たちはすっかり打ち解けました。

その後、慎ちゃんは酔い潰れて寝てしまったのですが
酔うと直ぐに寝てしまうところも自分と似ていると思い少し笑えました。
寝ている間に、家の遠い他の2人は帰りまして
俺と果帆は後片付けもすっかり終わってしまったこともあり
熟睡する慎ちゃんの目覚めを待ち構えていました、が一向に起きません。

ちょっとした悪戯を提案すると、果帆は残っていた生わさびのチューブを絞り
上を向いて口を開けて寝ている慎ちゃんの口内へ、、、

慎「ぷわっっ!!」

と飛び起きるので俺と果帆は爆笑
慎ちゃんは事態を把握すると

慎「何? この夫婦、、たまらん」

笑いの渦中、慎ちゃんの手土産の地酒を3人で飲みなおすことになりました。
印象に残っている会話を紹介します。

慎「果帆が俺んちに荷物取りに来たのって、知ってるの?」

どうやら慎ちゃんと別れた後、自分の荷物を取りに行ったらしい。
俺は聞いていない話

果帆、明らかに目を泳がせながら
「あーーあーあー」手をバタバタさせながら慌てている。

慎「あん時、、」
と言いかけた時に果帆の手が慎ちゃんの口を抑えつけようとするが
俺は慎ちゃんの言葉を促す

慎ちゃんは果帆を見つめ話し出す

慎「あん時、こいつなんか頑なと言うか、明らかに言葉足りなくて、それに俺も業を煮やして、、抱きついたんだよね」

慎「でもこいつ無抵抗で、、好きにしていいよって言ったんだよね」

俺は、ま、さ、か、、、と
久しぶりに血の気が引く思いをしました。
果帆は俯いたままです。

慎「好きにしていいよ、、そしたら慎ちゃんのこと嫌いになれるからって言いやがって」

慎「それ言われたら、、、って感じでもう何も出来んかったな」


その後も
話を続ける慎ちゃんの太ももに手を当てながら、その横顔を見て話を聞く果帆。
珍しく真顔なのが妬けるし、相変わらずボディタッチが多い。
屈むと胸の谷間が見えるか見えないか絶妙の空き具合のVネックニットで
胸先を押し当てたりしていないか観察していた。
何度か触れたんじゃないか?と思うくらい接近する瞬間も有った。


外国で出会った当時の2人の話
付き合うきっかけになったエピソードを聞いた後

思い切って
変わったところでHしたりした?とデリカシーの欠片も無い質問をしてみた。

果「えっ、変わったところ、、、」

見つめ合う2人、見つめ合いながら時間が止まり、2人だけが知る思い出を反芻しているようだ
アイコンタクトのやりとり後、慎ちゃんが果帆を見つめながら口を開く

慎「駅で、、、」

果「駅、、あっ、、、あれは、慎ちゃんが悪い!」

無人駅のホームにあるベンチで
対面座位のように座っていて、ちょっと挿れてみようか、と言って挿れられたらしい。
果帆はひたすら私は嫌だったと自己弁護するが
俺は心の中で、昔から彼の足の上に座るの好きだったのねwと笑っていた。
股間は少しムズムズしてきた、

推測するに、2人の海外でのHな出来事は
付き合いたてという事で他にも沢山有ると思ったので、後ほど聞かせて貰うことにした。
さすがに慎ちゃんには初対面なのに自分の興味に任せてインタビューし過ぎたので
後は小出しに果帆から聞き出そうと思っていた。

慎「しかし久しぶりに会った元カノが綺麗になってると嬉しいわ、俺ちゃんも優しそうだし」

俺は果帆を見ながら、
俺「優しいよな?、、、浮気も許したし、、」とボソッと言うと

慎「は!?果帆、お前浮気したの!?」

ここから2対1の構図で果帆が責められ始まる

・・・いつの間にか
俺が責められる構図になってたりw


その後、果帆がトイレに立って慎ちゃんと2人になった時に
慎ちゃんが果帆のご両親にも反対されて結婚出来なかった事を言ってきた。
既に果帆にも聞いていた内容と同じだった。

慎「で、2人はどこで出会ったの?

共通の女の友人が居て出会ったこと、俺が果帆宅のPCを修理する事になってその友人と自宅へ行ったこと、
その後引っ越しなども手伝ったこと、当時の慎ちゃんとの話なども聞いていたこと
酔いながらも一応きちんと答えられました。

慎「そっか、、ちょうど俺が地方へ行った時期だ、、」

そこで果帆が戻ってきておひらき。
徒歩で帰れる距離なので、果帆に送って行かせようとしたが
往路は良いが復路で果帆が1人になって危ないと慎ちゃんが気遣ってくれた。
ナイスガイだ。
何故かがっちり握手する俺たちw



その日はイケる気がした。
あ、sexの話ですw

久しぶりに俺以外の男にボディタッチする妻を見てムズムズしたので

玄関で見送る果帆の後ろから
骨盤の突起部分を両手で抑え、耳元で

俺「慎ちゃんナイスガイじゃん、、色々聞きたいなぁ、、」

酔っ払ってる果帆は

果「色々って何〜w」
と照れながらも
二の腕には鳥肌を立ててゾクゾクしてる模様

それまではなんとなくタブー感が有り
前彼との事は追求して聞くことは無かったのに
本人にも会い、抵抗も減った事で
思い切って聞いてみたのですが

結論からいうと大興奮出来る内容だったのにも関わらず勃たなかった。
イクことはイケたが、完全に軟体での暴発で全く快楽感は無し
余計に自分への苛立ちでストレスを生んでしまったが
新しく刺激的な話は引き出せた。

その中で
どうしようもなく胸が苦しくなったエピソードは

sexにハマったのは慎ちゃんが初めてで
会う度に何度もしていた、猿の様だったという事

果「あなたと出会う前のことなのに、妬くのぉ?」

と理解し難いみたい
妬くよ、結構深いだろ?と返すと
笑いながら

果「じゃもっと話してあげるね、質問どーぞ」

俺は流れに任せて裸になり、果帆の部屋着も脱がせ
質問体勢に


果「Hにハマったって言うか、初めて長く付き合って何回もHしたのが慎ちゃんなの」

果「口だけでイカせられるようになったのも、慎ちゃんが初めて」

果「胸で挟むのも、そう」


・・・
果帆が上の69
俺は自分の首を持ち上げて、クリトリスを吸ったり舌で突ついたりしていたが
首が疲れてしまったので、指の腹でクリトリスを撫で付ける愛撫に切り替え

俺と付き合ってからの事も聞きたい、荷物取り行ったって何よw?

果「ふふふふ」

ふにゃふにゃの軟体動物のようなペニスを唾だらけにしながら笑う果帆

果「しんちゃんも、何もして無いって言ってたでしょー、でも黙っててごめんねーw」

その時
急激に舌をプロペラのように回転され、一瞬急激に高まり、快楽に包まれ
「あっ!」と思った1、2秒の間に
果帆を止めることが出来ず、発射してしまったのです。
勃起していなかったので油断していた果帆も少し咳込みました。

嚥下することなく、ティッシュに吐き出している果帆に謝りながら

毎度毎度の己の情けなさに目を背けたかったので
無理やりさっきの話題に会話路線を戻した。

俺「だめ〜、その時はたまたましなかっただけでしょーw」

果「ちがーうよー!慎ちゃんの性格知ってるからだよー」

天真爛漫な笑顔で
以心伝心なところをアピールされ、胸にずっしりときた。
果帆は慎ちゃんの性格を掴んでいるからこそ、操れたという事が言いたかったんだと思うが
まだ、Hの相性の良さをアピールされた方が興奮が有る分楽だったと思う。


当時から俺の性癖が開花していたら、、もし果帆がそれに気付いていたら、、、
果帆は2股をかけたりしたのだろうか?
そんなことが頭を過ぎる

俺「今の俺の性癖知ってるだろ?・・・行って来いよ」

つづく


お目当ての女優さんを探すの大変な程、長いです。
汚れなき人妻が汚されてしまった最初の強姦

 
関連記事

テーマ : 寝取り、寝取られ話
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ありがとうございますっ
是非また続きを読みにいらして下さい。

期待してますよ〜

ゾクゾクしますね〜!
今後の展開に期待します。

Re: 期待してますよ〜

bossさま

いつもありがとうございます。
また来てくださいっ
プロフィール

世界のNTR

Author:世界のNTR
大切な女(ひと)を寝取られた経験から、寝取り、寝取られ、NTRの世界の扉を開いてしまった34歳の男です。
詳細プロフィールはこちら
当サイトの記事をコピペ引用したサイトが多いですが
当サイトが「オリジナル」です。
基本的には週末更新なのですが、平日ゲリラ更新する事も有るので良ければRSS登録でもして下さい。
Twitterは@worldntrです。
メッセージも大歓迎です。

フリーエリア
FC2ブログランキングも参加してます。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
写真風サムネイルのリンク
Hな体験談まとめアンテナHな体験談まとめアンテナ

秘密のH体験談  ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ

萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集萌えた体験談コピペ保管庫の厳選コピペ集

エッチな秘密の体験日記エッチな秘密の体験日記

エピソードsexエピソードsex

官能小説.com官能小説.com

ギルゲエムギルゲエム

オナネタ専用エッチな体験談オナネタ専用エッチな体験談

萌えた体験談コピペ保管庫  萌えた体験談コピペ保管庫

正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め

女の子のエッチ体験告白女の子のエッチ体験告白

X-day
カウンター
RSSリンクの表示
カテゴリ
タグ一覧

寝取られ 人妻 NTR 体験談 浮気 巨乳 AV 色白 盗撮 フェラチオ 飲み会 不倫 果帆 エロ漫画 飲み会に行く妻 官能小説 ナンパ 電子書籍 天真爛漫妻 エロゲ ダイエット中に調教された妻 セクハラに堕ちた妻 押しに弱く拒めない女 ライトノベル レイプ 寝取り OL セクハラ ながえスタイル 調教 近親相姦 イケメンに狙われた女 知花メイサ 黒木秀彦 同人誌 やきもちやきの社内恋愛 アダルトノベル ホテル ベビーカー 亜里沙 マッサージ 若槻みづな 篠田ゆう 愛原さえ 風俗 横乳 香山美桜 後輩に見返りを求められて 女教師 日焼け 水着 欲求不満 呼び出される妻 カラオケ アタッカーズ 輪姦 結城みさ 冴島かおり 熟女 露出 南せりな kindle 嫉妬 泥酔 許してしまう妻を許してしまう夫 若妻 あな許 橘美穂 視姦 愛乃ゆな メガリス 篠田あゆみ ハミパン ママ友 シアリス エロgif gif DMM 星野竜一 奥田咲 無防備 白ムチ セフレ 美乳 温泉 コミック 社内恋愛 磯山さやか 成田麗 ストーカー コスプレ とみの伊織 スレンダー 夫婦 嫁の既セクがうちに来た 尋問 同人 東タイラ 由衣 中出し チャラス吉村 胸チラ 佐野あおい あさぎ龍 団地妻 木下若菜 絵魔 彼氏の前で 弓束ちはや 子づくり 椿かなり 夫婦生活 ノーブラ 橘優花 メガネ 加藤綾子 本田岬 初音みのり 西野エリカ カトパン似 巨乳妻 七瀬あさ美 魔人ENZIN 生保レディ 汗だく 南国 母乳 クンニ  新妻 波多野結衣 気弱 ショートカット 言いなり パイズリ オナニー カーセックス 寝取らせ 夜這い 修羅場 3P 義父 O157 携帯 めぐり H&ストック 舞ワイフ 超人妻 エロCG 痴漢 それ妻 義兄 乳揉み 家庭教師 薄着 清楚 尾上若菜 北川エリカ 大島優香 杏堂怜 ジャニーズ 本田莉子 千乃あずみ JET映像 BBQ 羽田璃子 VR作品 VR 三上キャノン 篠原ゆい 瀬田奏恵 西條るり フェラ 後腐れなく一発お願いされた妻 高樹マリア 林美紀 逢沢るる 後腐れなく一発お願いされる妻 パート妻 美里有紗 橋本マナミ 小鳥遊はる 援交 流出 柳田やよい 鮎川なお 花崎杏 伊東真緒 漫画 チャットストーリー NTRの世界 穂川果音 ゴルフレッスンで発情 シロタクロタ pixiv 三上悠亜 おかわり 肉尊 桂あいり 帰省 加藤あやの 佐山愛 ボディタッチ 石原佑里子 子供会でマイルドヤンキーに口説かれて 山口真里 夏井亜美 愛妻家 Vシネマ 千家カゲロー PIXIV Vadass 三井カンナ 森高かすみ 木高かずみ 真木ゆかり 終焉 パラダイスTV 陵辱 椎名まりな 元彼にのめりこむ妻 都合よくおかわりされた妻 原望美 合コン 山口優香 下着 池田美和子 この世界の扉を開く SNS パートタイマー プチ寝取られ FANZA 鈴村あいり 木下あずみ ヤリ部屋 寝取り盗撮 ネトラレーゼ 佐伯春菜 maika 木村まりえ 倉多まお 相沢しいら 子育て 椎名理紗 都合良くおかわりされた妻 由浦カズヤ 勃起不全 貸し出し妻 非モテ 海女叔母さん 元彼 許してしまう妻 gifアニメ 溜池ゴロー 宮本沙織 麻生夏子 ヘンリー塚本 DQN 密会 昼顔 吹石一恵 結婚生活 コミケ 診断 寝取られ属性 隠れNTR 荒井啓 おんぼろ月 御手洗佑樹 人妻落とし ダウンタウン しゃべくり007 芸能界 中村昌也 矢口真里 それでも妻を愛してる 

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR